SSブログ

女神さんの祀ってある神社で派手な結婚式はね・・・ちょっとマズかったかも [社寺・和菓子]

P1400002.JPG

昨日、神戸の生田神社が出てきました。
ようわからんので調べてみました。
祀られているのが、稚日女尊(わかひるめのみこと)さんです。
この稚日女尊さんは、天照大神の幼名とも妹とも和魂であるとも言われている。

P1400004.jpg

和魂(にきたま、にぎたま、にきみたま、にぎみたま)ってわかりますか?
神さん魂には二つの性質がある。
和魂と荒魂(あらたま、あらみたま)です。
和魂がさらに幸魂(さきたま、さちみたま、さきみたま)と奇魂(くしたま、くしみたま)に分かれる。

P1400006.JPG

荒魂は神の荒々しい側面、荒ぶる魂である。
天変地異を引き起こし、病を流行らせ、人の心を荒廃させて争いへ駆り立てる神の働きである。
神の祟りは荒魂の表れである。
それに対し和魂は、雨や日光の恵みなど、神の優しく平和的な側面である。
幸魂は運によって人に幸を与える働き、収穫をもたらす働きである。
奇魂は奇跡によって直接人に幸を与える働きである。

P1400009.JPG
↑弁天さんがお祀りしてある。だから周りが池なんです。

人間の心は、天と繋がる一霊「直霊」(なおひ)と4つの魂(荒魂・和魂・幸魂・奇魂)から成り立つという考え方があり、一霊四魂(いちれいしこん)と呼ばれる。

P1400012.JPG
↑寒椿がいま綺麗

P1400014.JPG
↑不思議なゲート

私たち自身も神さんのように色々な側面をもっているんですね。
自覚しないと。
神社にお参りするというほは、それを自覚しにいく行為なのかも。
そう考えるとしっかりお参りしないといけないな。

P1390857.JPG
↑総本家駿河屋「此の花きんとん」

P1390965.JPG
↑きんとん、粒あん

この神社、なんであまり参らないかわかった。
阪神淡路大震災の時、つぶれた姿をみて、やっぱりだめなんだと思った記憶があるからだ。
それと神社が妙に新しい感じも嫌なんだろうな・・・。
例の結婚式のイメージもあるし。

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0