So-net無料ブログ作成

まだまだ夏空 [社寺]

DSC00499.JPG

もう重陽も過ぎたのに、京都市内の気温は37度!
湿度は、あるので素晴しい蒸し暑さ。

DSC00515.JPG

写真の場所は、東本願寺。
こういう建物のある空間から見る空はすごく広く感じる。
よくもまあ、こんな巨大な木造建築を作ったものだと思う。
現在、同じものを作るとなると大変だろうな。
お金儲けだけで建てる限界があるかも。
昔の人は、お金のためというのもあるだろうけど、信仰心に根ざした心意気があったと思う。だから週休二日なんていわず、ずっと働き続けたと思う。

DSC00519.JPG

まあ、週休二日なんて考え方は、日本的な考え方ではないでしょうね。
あれは、キリスト教やユダヤ教的な考え。
でもキリスト教の境界も木材ではないけど、石組みですごい建物をつくっている。
信心の力なんでしょう。

DSC00520.jpg

本願寺の空間から見る空は、昔と変わらない状態だったのかな?
日本の木の建物はすごいですね。
何回も火事になっても、権力者が寄進して建て直す。
いまは、国がやるのだろうか?
むりだろうな。
いまは、昔のように職人の誇りとか、信仰心の強さが希薄になってきているかも。
いまの日本に必要なのは、お金でなく、誇りや信仰心なんだと思う。
青空を見ながらそんなことを一瞬考えた。
暑いから長時間は考えられない・・・。

DSC00537.JPG

早く秋になって欲しいものです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

LargeKzOh

今の日本及び日本人の多くに欠けているのはご指摘の通り ”誇り” だと自分も想います。
それにしても東本願寺は何回も通りかかっているのに ”空の広さ” ・・・気がつきませんでした。
やはり上を向いて歩かなきゃぁ・・・です。
by LargeKzOh (2019-09-10 10:35) 

京男

> LargeKzOhさん、こんにちは。
東本願寺や知恩院の建物は、すごいと思います。でも威圧的なのがちょっと好きになれない。ここや御所で空を見るのは好き。
日本人が誇りを失ったのは、戦後GHQの占領政策の影響でしょうね。
徹底的に教育によって自虐史観を植え付けられた。実行したのが日教組。
左翼的マスゴミも問題かも。ほんとゴミです。感情的になりすぎますね。
観ていたら気持ち悪くなります。新聞なんかもだめですね。世の中の実体を報じていない。そろそろマスゴミから離れた方がいい。力が弱くても自分の頭で考え始める方がいいと思います。
by 京男 (2019-09-10 16:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。