So-net無料ブログ作成

底冷えは何処に行った? [風景・和菓子]

DSC02501.JPG

京都市内は、先月雪が降らなかった。
昔は、「京の底冷え」といっていたのに。
でも馴れるとあったかいのもいいのかも。
しかも、今年は、新型肺炎などという怖いのか怖くないのかわからないモノが流行っているお陰で、京都市内は観光客が少なく快適。
本来の人数に戻った感じがする。
これでいいように思うな。

DSC02492.JPG

DSC02512.JPG

宿泊する木賃宿だって経営者は中国系、土産物も中国系の会社、貸衣装だって中国系の会社、居酒屋やカフェだって中国系、タクシーだって不法な白タク・・・京都市になんにもお金が入ってこない。それが分かってきた。
観光客が増えても問題が起きるだけ。しかも今度はウイルス。
京都は、そんな変な観光収入で金儲けを考えない方がいい。
いい機会だから、一から考え直したらいいのです。
最低、百年ぐらい先を見てしっかり政策を考えればいい。

DSC02506.JPG

昨日は、ランチを兼ねて散歩した。
私にとってはいつものコースではありますが。
智積院の梅もいい感じに咲いてきている。
ここなら観光客もいないから、快適なのです。

DSC02508.JPG

いつもなら四条河原町や京都駅方面に行くのですが、観光客がいたりするとうっとうしいので、行かなかった。バスに乗ったり、タクシーに乗ったりもなんだかいやなんです。どうしても手摺りやつり革を持ったりしますからね。
百貨店なんかの土産物や食料品売り場はいやですね。
レストランなんかも、しっかりテーブルは拭くだろうけど、イズはあまり拭かないだろう。試食の場所なんかもいやや。例年なら高島屋に行ってチョコレートの試食となるのですが、今年は止めです。

DSC06349.JPG
↑本家玉壽軒「おとずれ」

外から家に帰ると、南向きのベランダからお日さんがたっぷり入ります。
だから暖かい。我が家は、暖房がいらない状態なんです。
仕事をしている北側の部屋はさすがに涼しい。でもダウンジャケットを着て、手袋をしているので全然問題ない。快適。

DSC06357.JPG
↑こなし、黄味あん

温暖化かどうかわかりませんが、あんがい温暖化も悪くないのでは。
野菜も安くなってきたし・・・キュウリだけは高いけど。でもカッパではないので大丈夫。これで、消費税を廃止すれば、快適に暮らせるかもね。
「お前は、商売してないからそんなことが言える」なんていわれそう。でもね。今迄が異常でこれからは、こういうのが当たり前。人口はドンドン減るのが当たり前。なら新しく社会の仕組みを変えればいい。
書類や事務処理は、ブロックチェーンとAIで管理すれば、人員はいまの三分の一ぐらいでいいのではないかな?24時間営業なんてばかなことをしないで、夜は寝ればよろしい。お金がないのですから。お金は快適な寝具に投資する。
起きていたらお腹が減るから寝ましょう。テレビなんてもう必要ない。ついでにネットもそれほど必要ない。
無駄なことにあまりお金を使わない。
そういうのもこれからの生き方かも。

P1600075.JPG
↑長久堂「春を待つ」

人間は、アナログで生きればいいのです。
なんてことを京女と話しておりました。
朝、目が覚め、身体が無事に動いたらそれを喜びましょう。
夜、寝るとき「今日も一日おもろかった。ありがとうさん」と眠りましょう。
朝、誕生し、夜、臨終を迎える。
そういうことです。
物事を複雑怪奇に考えないことです。
そして、昼間は何をするにも全力疾走。
それでいいのではないでしょうか。

P1600143.JPG
↑こなし、備中白こしあん

なんか、訳のわからないことを書いてしもた。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。