SSブログ

孫の手ブラシ [モノ]

DSC09015.jpg

父親から連絡が電話があった。
用件がいろいろあった。
その中で「背中が痒くて寝られない」というのがあった。
実家の時に「孫の手ブラシ」を渡していたのです。それが欲しいと言う。
確かに、高齢施設に入所する時、持っていかなかった。
実家から救い出してきたのですが、必要とする人にあげたのです。
もちろん、こんな優秀なものは、私も使っている。ないと困ります。
仕方ないので、新しいのを購入した。
その紹介が本日の記事。

DSC08977.jpg

私が2011年夏に家の中で痙攣を起こし、意識がなくなり、舌を噛み、顎関節が折れ、骨盤に右脚がめり込み。救急搬送。その後、長期の病院、リハビリ生活が2年ぐらい続いた。
そんな経験があるので、背中が痒くてけど背中を掻けない苦しさはよく分かる。
お風呂に入る時のブラシが必要だった。
背中を掻くのに最適なのが、本日の紹介の「孫の手ブラシ」でした。

DSC08973.jpg

DSC08975.jpg

なんでもないブラシなんですが、これ以上のものはないように思う。
もちろん、若い女性に掻いてもらうのがいいだろうけど・・・。

説明書きを書きうつしました。

◆「江」孫の手ブラシ
 孫の手ブラシは、しなやかで弾力性にとんだ馬の尾毛をしようしています。化学繊維を一切使わずに、天然の素材にこだわって丹念に仕上げたブラシです。
 また、ハンドル(木材)部分には古くから高級家具材として愛用されている檜を使用しました。
 背中を掻く目的で製作した孫の手ブラシで、肌を傷めずに心地よい掻き心地が特徴です。
 グリップから毛先の曲線は、人間工学に基づいた背中のラインに合わせ、かゆい所へ毛先が届くように設計されています。

DSC08987.jpg

《お手入れ方法》
・毛が汚れた場合は、濡れたタオルなどで軽く拭き取ってください。
 その後、乾いたタオルで良く水分を拭き取ってください。
《ご使用上の注意》
・本製品は背中掻き専用のブラシです。その他の目的でご使用にならないでください。
材質 ブラシ:天然毛(黒馬毛)、木地:天然木(檜)
サイズ(約) 長さ39.5×幅4.3×厚み3.5 重さ75グラム

背中を掻くブラシっていろいろあるけど、ここのがいいと思います。
値段も2200円ぐらいだしね。
「江戸屋 孫の手ブラシ」で検索したお店で買うといいでしょう。私はそうして手に入れました。

DSC08993.jpg

DSC08998.jpg

父の日に最適な逸品かも。
一昨日、父親に届けたので、きっと満足していると思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

LargeKzOh

偶然ですが当方の愛用品でもあります。
by LargeKzOh (2022-05-29 11:09) 

京男

> LargeKzOhさん、こんにちは。
そうなんだ。いいですよね。これは。(^o^)/~~~
by 京男 (2022-05-29 14:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。