SSブログ

城南宮へ [社寺]

先週末に急に「城南宮」に行きたくなった。こういうのが多いなぁ・・・。
取りあえず京都駅八条口にバスで行く。
京大病院行きのバスがあった筈。「ケイルック」とかいうバス。そこで待っている時、「城南宮行き」とかがあった筈。きっと早く行ける筈・・・。そう八条口行のバスの中で閃いた。
バス亭に行くと顔見知りのおっちゃんがいたので、聞いた。来るらしい。しかもバス亭が2つしかない。だから早く行ける。「らくなん進都」というバスらしい。ほぼ直行に近い。しかも空いている。でも料金が必要。大人が300円!私は子供だから150円なんだ。前払いらしい。

DSC02555.jpg
↑バス亭から歩いてここにきました。

バスからの風景が殺伐としている。
どうも南の方は好きになれない。
本当に城南宮があるのかな?そう思わす風景だった。
そういえば、20年ぐらい前に、京都市内のおはぎ食べ比べをしたことがある。
その時「おさきもち」を買いに城南宮に来たことがある。どんな味だった憶えていない。あの時に食べ比べはハードやった。千枚漬・チリメン山椒なんかも食べ比べをしたな・・・。あの時は仕事だったから、私の手元にデータがない。

DSC02557.jpg
↑入るとすぐに真幡寸神社(まはたきじんじゃ)がある。

DSC02558.jpg
↑この社は、もともと稲荷山山頂にあったらしい。それから藤森社を経て、1968年にここに来たそうです。

DSC02559.jpg

さてバス亭に降りて帰りの時間をチェック。
次のバスまで30分ある。
さて社務所に向かって突進。

DSC02562.jpg
↑芹川天満宮 、唐渡天満宮。天満宮と稲荷は、多いですね。

DSC02563.jpg

神苑もあるけど、時間がないからパスです。
自分のセンサーを動かして見学ね。

DSC02565.jpg
↑絵馬舎

DSC02567.jpg
↑マークがいいと思いました。

DSC02568.jpg
↑正面に来ました

DSC02574.jpg
↑整然とした感じがいいですね

ここまで15分経過、後時間は15分しかなかった。
明日の続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。