So-net無料ブログ作成

相も変わらず [食]

DSC00300.JPG
↑豪華な方が父親リクエスト

父親と行動を共にすることが多い。
介護モードなのでしかたないのですが・・・。

DSC00298.JPG
↑私が海鮮丼とは珍しい。父の天ぷらを半分助っ人するため。御飯も小に指定。

この日は、鍼灸治療日だった。
最初は、父にとって訳がわからない鍼灸治療だったと思う。
私と違って怖がりの父は、鍼やお灸というだけでビビっていました。
でも私が思うに父親にとって一番の治療だと思う。

DSC00296.JPG
↑これだけにして父から野菜の天ぷらを半分食べたのです

治療前と後では、歩く足取りとスピードが違うのです。
父も身体が軽くなったと言います。
整形外科に行っても、そんなことは起こりえない。
私が父の全体的な気(気功の)の流れをチェックし、具体的に「こうして欲しい」と指示を出します。私は治療家でないから具体的な治療はできませんからね。やってやれないことはないけど・・・。母の時は、ちょっとやっていましたが。

DSC00297.JPG
↑本当は温かいうどんがいいのですが・・・

最近、門前の小僧で見ているとわかります。
もちろん専門的には、わかりません。
もう数年やっているとわかってきますね。

DSC00310.jpg
↑大丸地下イオリでデザート。座席が空いていたので決定。

最近、顔に鍼をうってもらうようになりました。
高齢になると表情筋をあまり動かしませんから。
筋肉は、動かさないと硬くなります。
父の場合、総入れ歯なんです。
歯茎や顎の骨が痩せてきて、下の入れ歯がうまく固定できなかったようです。
それは、昨日歯科につれて行き、入れ歯の修正をしてもらいました。
するとよく噛めるようになった。
これで発音や涎や食べ物を溢すということが少なくなって行くでしょう。
また少々硬くても食べられるようになると思う。

DSC00307.JPG
↑父は宇治金時が好きらしい。小さいので食べるかな?ちょっと助っ人しました。

歯科なんて自分でなかなか行きません。
だから無理矢理連れ行きましたよ。
これは、正解だったと思います。
後は、口を動かす指導をしていました。
ちょっとしたことで表情がしまります。

DSC00317.JPG
↑タピオカではありません。赤エンドウ豆ねっ!

歯科医さんといろいろ話せ、参考になりました。
顎の骨と入れ歯、両方に磁石をいれて固定する方法があるらしい。
ステンレスのフォークやスプーンを入れたらくっつくかも・・・。
インプラントは、高齢になると骨が脆くなり、だめになることが多いらしいです。
考え出すときりが無い。でも生の情報は貴重です。
マスゴミからの情報より、生で聞くのが一番。

DSC00313.JPG
↑ものすごくヘルシーなデザートでしょ。最悪宇治金時を助っ人しないといけないのです。

鍼灸治療が終わり、食事となりました。
後の買い物を考え、鍼灸の場所からタクシーで移動。
ランチタイムが終わるギリギリに飛び込み写真のようなものを食べる。
父の注文が豪華な方です。きっと食べきれないので、私は少ない海鮮丼を注文。
御飯は小にしてもらう。
昔から考えられないぐらい小食です。

DSC00321.JPG
↑こういうシンプルなデザートもいい。

その後、デザートも食べた。
父は氷が好きなんです。あんこも。
私は、赤インゲンと寒天です。
ヘルシーですよね。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感