So-net無料ブログ作成

オモッタように未来や過去を変える? [社寺・和菓子]

今日の写真も東寺境内のものです。
歩いていてフト気になる時がある。
例えば、下の写真のような掲示。気になるけど、その場で読めない。悲しいでしょ。写真を撮って置くのです。
そして書き写す。私の場合、視覚的にというよりキーボードを操作しながら手が憶えて行くのです。手から情報を得ているのかも。目は補助的なのかも。

DSC01028.jpg

「物に定まれる性(しょう)なし
 人、何ぞ常に悪ならん」
お大師さまのおことば(秘蔵宝鑰第二)

物には決まった性質はない。どうして、人は常に悪人であることがあろうか。
ご縁によって人は善にも悪にもなります。
良い教えに出会って、それにしたがえば、凡人もすぐれた人物になるはずです。
「自分を変えれば、未来が変わる!」

DSC07840.jpg

「物に定まれる性(しょう)なし」
これは、よくわからない。物には、定まった性質があるから物なんだと思う。
性が定まって動かないから物(モノ)。

人は、性質が定まっていない。常に動く。だから動物。
動物と人間は、動き方が違う。
動物は天地自然の理で動く。
人は、違う。天地自然の理で動く時もあれば、我欲の理で動く場合もある。
我欲で動くことが悪い訳では無い。過ぎるのがだめなのである。
この制御を教えるのが「良い教え」なのかも。

DSC07848.JPG

100%天使自然の理だけでは、現在の我々の文明は成り立たない。天地自然のままに生きれば、寿命は短くなるだろう。人口も多くならない。

天地自然の理(天道)と我欲の理(人道)のバランスがとても大切。
天変地異や病気、運命の不具合を見ると天道と人道のバランスの不具合の問題があるかも。

DSC09295.JPG

物事に接する時、いきなり二元論や感情で判断してはならない。
いま、自分は、どのレベルで判断しているか、冷静に観る必要がある。
「観る」とは、肉眼の目で見るということでなく。切り口、角度、時間、立場を自由に観るということ。
柔軟な視点を持つことが「観自在」ということかも。

DSC07858.JPG

人は、他の生物と違い、自由に考えて行動できる特徴がある。
また、人間は魂の深い部分で、宇宙根源の意思と通じている。創造主(サムシング・グレート)とも通じている。だから思(想・念)ったことが実現する可能性がある。
ただ、凡人がそうなる状態にはならない。ストッパーがついている。その人の魂のレベルに応じて「思(想・念)ったことが実現する」のだ。

そういう意味で「自分を変えれば、未来が変わる!」のです。

P1180663.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「祝の松」

以上のようなことを手からインプットしていると応え?が出て来ました。
ちょっと面白い。来年からのテーマになるのかも。
何のことを書いているか、ご理解いただけないかも。
これは単に私のメモなんです。すんません。

P1180693.JPG
↑もち皮、白こしあん

よう考えたら、今年最後のブログなんですね。
一年間、お付き合いいただきありがとうございました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

道路が混んでいました [社寺]

DSC01015.jpg
↑今日の景気も東寺境内

昨日は、午前中電話連絡や梱包等々でバタバタしていた。
いつもなら実家に行く時間が遅くなった。
行くと父親は外出。散髪に行っていたらしい。
持って行ったものを置き、つけっぱなしの暖房をすべてスイッチを切って撤収。
早く帰らないと荷物を発送しないと行けなかった。

DSC01016.JPG
↑来年の干支は「子」ネズミ。だからネズミが減っているのかな?

DSC01020.JPG

行きは市バス、帰りはタクシーだった。
帰り・・・午後3時ぐらいだったかな、東大路通は車で混んでいた。
八坂神社から五条ぐらいまで観光客でいっぱい。
お正月のような込み方だった。
いつもは、ここまで混まないのに・・・なんだろう。
車の混み方を見ていると他府県ナンバーの車が原因。変なところで曲がろうとしたりしている。東大路は4車線しかない。市バスで1車線塞がる。それで他府県ナンバーの自家用車がウロウロすると停滞になる。
特に東山警察署あたりがダダ込みになっている。あれでは、緊急車両は出撃できないだろう。どう考えているのかな?

DSC01021.JPG
↑よく見ると京都タワーが見えます。

東大路通を一方通行にしてもいいかも。
京都市内への他府県からの自家用車を制限するとかでもいい。
地元の人間も観光客もみな困っていると思う。
それが年々酷くなってきている。
しかも工事をしていたりする・・・。

DSC01024.JPG
↑さすがに観光客はあまり歩いていません。飾りは正月モード

DSC01025.JPG

京都の街、年々景色が悪くなっているように感じる。
食べ物もどうしても京都という食べ物も少ない。
食べながら飲食をしている人も多い。どうもあれは京都の景気としてよくないように思う。整備するにも予算がない。観光で京都市は歳入が少ないだろうな。
観光客が増えても儲からないなら止めた方がいい。結局市民から税を取り立てる。
市民は、迷惑を被り、税を取り立てられる。踏んだり蹴ったりやね。

DSC01026.JPG
↑正面の建物は、公衆トイレ。東寺に来たら是非使って見てください。無料!ですよ。有料にしたらいいのに・・・。

そろそろ根本的に京都市の運営を考えないとゴーストタウンになる可能性がある。
市バスの「世界一美しいまち・京都」というアナウンスが流れている。鼻で笑いますよ。何処が美しいねん!ぼけ!
まあ、蜘の巣のような電線が見方によっては綺麗なんかい!
工事しすぎてボコボコの道路や歩道が綺麗なんかい!
市民のみなさん、そろそろ怒った方がいいかもしれませんよ。

なんか怒っていますねぇ・・・カルシウムが足りないのか?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末贔屓 [社寺]

DSC00986.JPG
↑東寺境内

これは、先週の中頃にヴォイトレに行く前に東寺に行った時の写真。
東寺もお正月の準備をしていた。
境内をヴォイトレの練習をしながら歩いておりました。
いつものことです。
この日は、朝から喉を温めたりしていたな。
なんかやる気満々の日でしたね。

DSC00991.JPG

DSC00993.jpg

今年は、贔屓君にちょっと頼み事をすることが多かった。
御札をもらう作業をしたりした。
どうやらその件はうまく行ったかも。
なんか気持ちとして御礼を言いたかった。

DSC01005.jpg
↑贔屓君です。

DSC01004.jpg

DSC01007.JPG
↑ありがとう!

東寺の境内は、比較的観光客もすくなく、天気も晴れていて気分がよかった。
こういう所で歩いていると元気が湧き出してくる。
きっとハミングなんかしながら歩くのがいいのかな?

DSC01008.jpg

そんな長い時間じゃなかったけど、御礼も言えた。
この方面での今年の作業もお終い。
この後、ヴォイトレをしたけど、ひょっとしてすごい声がでていたかも。
建物全体に響いていたとのこと。
自分では、気付いていなかった。
ちょっとだけ、コツを呑み込んできたのかも。
少年ジェット・ミラクルボイスに近づいてきたのかも。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インド料理?? [食]

DSC00856.JPG
↑付け合わせに福新漬が欲しかった。

実家に京女と行く時、ランチを食べて行くのです。
これは先日の時のもの。
インド料理屋さんでカレーライスを注文するというのは、あまり見ないでしょ。
でも・・・これ案外いいんです。
これは、京女の注文でした。野菜カレー。
味見をしたけど、もう少し辛さのレベルとあげるといいかも。
そういえば昔、インド料理屋さんでカレーうどんをつくったらどうか?と考えたことがあった。出汁は和風?

DSC00859.JPG

これは、京男の注文。
名前は「ナンロール」。
タンドリーチキンと野菜をナンで巻いたもの。
これだけしか食べられない!
昔から考えたら、考えられないことです。
このナンロールを節分の時の恵方巻にしたらどうやろ?
そんなことをフト考えた。

DSC00866.JPG

これは、お店からのサービスのマサラチャイ。
いろいろな作り方があるのだろうな。
私は、もう少し、カルダモンとシナモンを効かせたのがいいな。
サービスでは、文句がいえませんけど。

P1060011.JPG
↑長久堂「炉咄(ろばなし)」
最近、京女と二人暮らし、段ボールでもらったミカンをなかなか食べられない。

P1060016.jpg
↑上用(山芋・小麦粉)、赤こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 和菓子
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハンバーグ [食]

ハンバーグは、すっかり日本の国民食になってきている。
肉の質を余り問われないので大衆に普及したんだろう。

DSC00874.JPG
↑一番右のがお漬物。これが結構好き。

このハンバーグの原形は、タルタルステーキにあるという話がある。タタール人がヨーロッパに侵入してきた時の話。タタール人は、馬肉や牛肉をそのままでは、硬いのでみじん切りにして、生で食べていた。それがドイツ人に伝わり、ハンバーグステーキになった。
最近、タルタルステーキは、なかなか食べられないなぁ・・・好きなのに。

DSC00878.JPG
↑キッチンパパ「きまぐれハンバーグ、海鮮バターしょうゆ、限定12食」こういうのに弱いかも・・・。

伝わったドイツ地方がハンブルだったそうです。
だからハンブルグステーキ→ハンバーグステーキとなったらしい。
安い肉を硬いので挽肉にして、よく練って肉の粘りを出し、焼いて食べた。
安く提供して人気となった。

DSC00881.JPG
↑海鮮でなくてもよかったかも。

昔、料理学校で夏休みに大量に余ったタマネギでハンバーグを作ろうかな・・・と行ったら教官に怒られたことがある。「そんな簡単なモノでない」と。
確かにプロとしては難しい作業だった。
手で持てないぐらい柔らかく作ったものをフライパンで焼き色を付け、オーブンで焼くという作業。
母親の作っていたカスカスで硬いハンバーグは、そういう作業をしていなかったのが原因。不味い原因がわかった瞬間でした。

DSC00882.JPG
↑サラダ

写真のハンバーグを食べながら思い出していました。
私は、キッチンパパのハンバーグが好きかも。

DSC00885.JPG
↑健康志向でもないけど、玄米御飯を食べてみた。白御飯の方がいいかも。

DSC00887.JPG
↑味噌汁

孤独のぐるめやねいけど、一人静かに食事をするのがやっぱり好き。
最近、父親と食事をするのが多いけど、あれはストレスになる。価値観が違いすぎる人と食事をしたくないものです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感