SSブログ

猿ヶ辻 [食]

DSC06826.jpg
↑京都御苑、猿ヶ辻

鬼門ってご存知ですか?
建物を建てる時は、気にします。
鬼さんが出入りする方角のこと。
北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位、方角のこと。
丑や寅というのは、十二支で、方角を表しています。

DSC06829.jpg
↑網の中に神猿がいます

京の都は、風水的なことで作られています。
方角で良くないとされているのが「鬼門」と反対側の「裏鬼門」
鬼門は、いまの方角でいうと「北東」、裏鬼門は「南西(坤、ひつじさる)」をいいます。
玄関が鬼門の家がありました。その家が完成した時、家長がガンでなくなった。その後、家の人が次々とガンになったりしました。

DSC06834.jpg
↑ここからの写真は、食事した大徳寺一久。お庭も綺麗。

このようなことがあるので、そういうことに敏感だった御所では、鬼門がない?ということで鬼門の角を凹にしました。
それが「猿ヶ辻」なんです。それで写真のように猿がおさめっれています。
この(表)鬼門に対抗するため、日吉神社から神猿をもってきた。方角でいうと(表)鬼門の逆の存在なんだからかな?
そして「鬼門」の延長線上に比叡山があります。
そうやって鬼的なものから御所を守っていたらしい。

DSC06837.jpg
↑大徳寺精進料理縁高盛

DSC06841.jpg
↑これでも十分満足できます

その他、四神相応(しじんそうおう)というのもある。
北の丹波高地を玄武、東の大文字山を青龍砂、西の嵐山を白虎砂、南にあった巨椋池を朱雀とする対応付けが可能で、背山臨水を左右から砂で守るという風水の観点から正しく京都は四神相応の地であった。
でも南の巨椋池がすーさん一家によって埋められたので、京都市はだめになりました・・・。(笑)

DSC06845.jpg
↑このお吸い物加減がいいのです

この猿ヶ辻で怪異な現象が起こったかというとそうでもない。1863年(文久3年)、尊攘派公家の姉小路公知がこの「猿ヶ辻」付近で斬殺された(朔平門外の変)があった程度。生きている人間の方が鬼より怖いのかも。

DSC06852.jpg

DSC06854.jpg

本日のお料理は、大徳寺一久のものです。
このお店は、大徳寺納豆が有名なんです。
お料理は、精進料理。

DSC06858.jpg
↑黒文字の側の丸いのが大徳寺納豆

DSC06866.jpg

ここの吸い物の味は、すごいと感心します。
そういえば4月にも行く予定なんです。
こんな料理なら毎日でもいいな。
どうも最近、菜食気味です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疎水の桜・・・2 [風景]

DSC07120.jpg
↑疎水、向こうに見える山は東山

DSC07123.jpg
↑左が北側、右が東側

DSC07124.jpg
↑疎水、向こうが北側

本日の写真は、昨日の写真から二日後(3月27日)になります。
この日が満開状態だったかも。

DSC07126.jpg

この日は、京都市内のどこも花見の方々で満員だったでしょうね。
道路も久しぶりに混んでいた。
本当は、いろいろなイベントがありました。

DSC07127.jpg
↑左の建物が京都国立近代美術館

DSC07131.jpg

このあたりの桜なんて結構久しぶりだったかも。
小さい時からの遊び場所なんです。
小さい時、桜なんて気のもしていなかった。
高校の時だってそうだ。

DSC07133.jpg

まあ、花なんかあまり興味なかったしね。
植物は、専門分野でなかった。
牧野 富太郎の図鑑は、しっていましたけど。
でも見るだけでした。

DSC07140.jpg
↑京都国立近代美術館の屋内から外を見る

桜がどうのこうの・・・は、ブログを始めてからかな。
でもいまだに植物の名前は、あまりわからない。
なんだろう?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疎水の桜 [風景]

DSC07052.jpg

DSC07053.jpg

小さい頃からこの当たりは遊び場所だった。
小学校の時は泳いでいた。
奥の方に踏水会のプールみたいなものがあった。
ブールといっても疎水を区切ったような状態だったな。
その外で泳いでいた。

DSC07055.jpg

DSC07059.jpg

岸沿いに友人の家があり、よく遊びにいった。
この当たりでよくゴム稼働の船が沈んだものです。
白川の所にも「白川児童プール」なんて川を区切っただけのものがありました。
その写真も撮りましたからいずれ掲載します。

DSC07063.jpg

このあたりも昨日の雨で散ったかな?
今年の桜は急いで咲きました。
去年もだったけど、毎年早まっていきますね。
その内、正月から桜が咲くようになるかも・・・それはないか。

DSC07075.jpg

DSC07077.jpg

いつのまにやら遊覧船なんかも運航するようになった。
私は、乗ったことがないです。
まあ、乗ることもない。
そういえばインクラインの所でザブンとするのがあったな。
あれなんかもやったら面白いかも。

DSC07082.jpg

こうやって見ると川のある桜は雰囲気ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本満寺、満開の枝垂れ桜 [社寺]

DSC06769.jpg
↑本満寺、枝垂れ桜

DSC06773.jpg

この写真もありました。
もう一週間前となりました。
現在は、散っていると思います。

DSC06777.jpg

DSC06778.jpg

ここの枝垂れ桜は、なかなか見事です。
枝垂れ系は、開花が早いからしっかり下見をしておかないといけません。
お客様をご案内して散っていたらだめですからね。
京都御苑の桜も早く開花します。
今年は、特に早かった。

DSC06781.jpg

DSC06783.jpg

桜の開花が年々早くなっているように思います。
そういえば、冬の寒さもあまり寒くない。
私の小さい時は、京の底冷えという状態だった。
最近は、寒くて・・・という日はなかったかも。

DSC06784.jpg

DSC06790.jpg

DSC06799.jpg

そういえば、ここ数年私の作業部屋は、暖房をしたことがない。
もちろん、室内でダウンジャケットを着ていたりしますけど。
でも早朝のトレーニングは、半ズボンに上半身裸です。
窓は開けっ放し・・・。
だから風邪をひくことはありません。
まあ、生まれながらのアホというのもありますが・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベランダ桜・・・満開 [風景・和菓子]

DSC08128.jpg
↑2021年3月26日午前中のベランダ桜

毎年、我が家は、ダイニングから花見ができる。
ダイニングからなら新型コロナも関係ない。
マスクもしなくていいしね。
大きな声でお喋りもOK。
これは幸せなことです。

DSC08134.jpg

DSC08131.jpg

DSC08129.jpg

昨日は、いい天気だった。
このベランダ桜がこれぐらいということは、一キロぐらい向こうの清水寺の桜も同じような状態ということだろう。
さぞや人が多かったことでしょう。

DSC08132.jpg

バスで通りかかったけど、鴨川沿いの桜はいまいちだった。
なんか桜が弱っている?
木屋町通も咲いていたけど、例年に比べるとだめですね。
なんだろう?

DSC08033.jpg
↑亀屋良長「らんまん」

DSC08071.jpg
↑きんとん、粒あん

P1610279.jpg

P1610265.jpg
↑鶴屋吉信「花日和」

P1610312.jpg
↑こなし、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感