SSブログ

来年の干支は? [社寺]

DSC05225.jpg

写真は、先週の東寺境内。
まず高札が気になりました。
書き写します。

DSC05224.jpg

道を聞いて動かずんば
千里いずくんか見ん

このコロナ禍は、生きる厳しさをつきつけてきます。あなたは、『生きとし生きるもの』のために、何をして生きていこうとしているのですか。
目標を定めて『決心』しなければ、百年たっても、『自分の道』を歩み始めることはできません。今こそ、損得を捨て、好き嫌いを捨て、腹を決めて、一歩を歩み出そうではありませんか!

DSC05227.jpg

2022年の干支は?
「壬寅(みずのえとら)」
干支って中国の古い考え方です。十干(じっかん)と十二支の組み合わせ。
古くさいから関係ないかもしれません。でもいまの時流を表しているようにも思えます。

DSC05229.jpg

十干とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類。
十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類。
この十干の10種類と干支の12種類の組み合わせで年を表している。
1番目が「甲子」で、60番目が「癸亥」が循環している。
還暦というのがありますね。60歳、つまり循環した年に戻るということらしい。

DSC05233.jpg

され来年2022年の干支は「壬寅(みずのえとら)」となています。
「壬(みずのえ」は、十干の9番目、生命の循環で言えば終わりの位置に近く、次の生命を育む準備の時期を表しているのだそうです。
陰陽五行説では「水の兄」と表記し、これは「水の陽」を意味する。ちなみに水の弟もある。「癸」は「みずのと」で「水の弟」と表記し、「水の陰」となる。
五行の「水」は静寂、堅守、停滞、冬の象徴である。「陽」は激しいとか大きいといった意味である。つまり「壬」は、厳冬、静謐、沈滞といったことを表している。

DSC05239.jpg
↑ライトアップの写真がすごいですね。

「寅」は十二支の3番目で、生命の循環で言えば初めの位置に近く、誕生を表している。
「寅」の文字の意味は「螾(ミミズ)に通じ、春の発芽の状態」、豊穣を助けるミミズが土の中で動き、芽吹きが始まった状態。暖かくなって虫たちが動き出し、春の胎動を感じさせるイメージである。
「寅」は陰陽五行説では「木の陽」に分類される。五行の「木」は成長、発育、誕生、春の象徴である。つまり「寅」は、強く大きく成長するといったことを表している。

DSC05241.jpg

「壬」と「寅」の関係は、「水生木」の「相生」と呼ばれる組み合わせで、これは水が木を育み、水が無ければ木は枯れる。
つまり「壬」が「寅」を補完し強化する関係となる。これらを合わせ考えると、陰陽五行説から見た2022年の干支「壬寅」は、「陽気を孕み、春の胎動を助く」、冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれることを表している。

DSC05242.jpg

来年2022年は、いままでの状態が終わり、新しいエネルギーが出てくるということかな?
コロナ禍で、恐れ怯えるのは止めた方がいいのかも。どうもマスゴミは、恐怖を煽っているように感じる。だからマスゴミや狭い考えの専門家の意見を鵜呑みにしないで、自分の直観を信じ、行動して行くのがいいかも。

禅に『不思善悪(ふしぜんなく)』という言葉がある。
色々な情報を厳しく善悪で判断し過ぎないことです。
なぜなら、意識が緊張し、平常心でおられなくなる。そうなると不安が増し、辛くなる。心や身体が緊張すると病気になったりする。自在に生きれなくなる。
来年から、具体的でない心配はしないことです。自由自在に心を動かしてみてください。そのためには、マスゴミや偉い人の言うことを聞きすぎないこと。
考えずに、観じることです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歯の修理 [食]

DSC05256.jpg
↑御所の南西にある黄葉が鮮やかに見えた

先々週、歯の被せモノが外れた。
歯科でカルテを見てもらうと二年前に被せた箇所だ。
二年で接着剤が劣化する筈が無い。
被せた下の歯が虫歯になっていたと考えます。
外すとそうだった。
奥歯の内側の部分が欠け、そこから唾液が入り、虫歯になった。虫歯が広がると被せモノを維持できなくなる。だから外れたのです。

DSC05260.jpg

ただ、その下の歯は、神経が生きていて神経を抜いて、大幅な工事は次回にした。
神経は残しておくに越したことがないですからね。
それと歯の丈夫がすり減って平らになり、角が立ってきた。これも問題なんです。
ホホの内側の肉を噛んでしまう。そうなると血豆状態になり、それが潰れ口内炎になる。栄養バランスが原因でなかった!
方法は、噛み合わせのすり減った歯を盛るか、角を丸く削るかなんです。
ホホの肉を噛まないようにすこし丸くしてもらった。

DSC05261.jpg

父親を見ていて、歯は大事だと思う。
少しでも自分の歯を生かさないといけません。
快適に食事ができなくなりますからね。

DSC05263.jpg

本日の写真は、歯科に行く前の黄葉が妙に綺麗だった。
食事は、「白扇」の洋食。
本日のランチは、どうしてもフライが多いので、この日はハンバーグにした。

DSC05267.jpg
↑白扇「ハンバーグ定食」

このお店は、昭和の香りがする。こういうお店がずっと残ってくれたらいいな。
安心感があるのです。
できることならフライでないポークチャップやチキンチャップがあるといい。
レバーチャップなんかもあるといいなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 京都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おはようおかえりやす [モノ]

2個の時計をメンテナンスすることになった。
本来、そうならないために2個体制にしたのですが・・・。
2個とは、ROLEXサブマリーナとSinnEZM2です。

13f391d71efb53c7980781e08c.jpg

サブマリーナは、1977年ぐらいに手に入れた。
小学校高学年からずっと憧れていた時計。
大切に使い続けてきた。

80b6dec01a1f67b5c88c638254.jpg
↑ROLEXサブマリーナ(キャリバー:Cal.1570クロノメーター)

もう1個のSinnEZM2は、サブマリーナをメンテナンスに出すために、バックアップとして手に入れた。
時計の機械がオイル漬けになっている。電池で作動。この電池が長持ちするのです。経験からすると7〜8年持つ!軍用なので簡単に電池切れは許されないのでしょう。
正確無比な動きをする。
最初は、夜光塗料がトリチウムだった!それがメンテナンスの時、普通の夜光塗料になってしまった。残念。トリチウムなら12年、光に当てなくても光り続ける。でもトリチウムなので放射線が出ます。

DSC08248.jpg
↑メーカーは、純正のブレスレットが付いてないとメンテナンスを受け付けないそうです。

ことの始まりは、サブマリーナの竜頭がとれたのです。自動巻きも出来なくなっていた。気になっていたのですが、手巻きで対応していた。すると歯車がすり減っていた。先月、脱けてしまったのです。
そろそろ引退かな?でも悔しい。憧れのサブマリーナ。

DSC08255.jpg
↑竜頭がぬけてしまった!

一方SinnEZM2の方も、いつバッテリーが切れるかわからない。
同時か・・・。
最近、悲しいことにAppleWatchを使っている。この方が便利なんです。
いま、最新のApple Watch Series 7を注文している。まもなく到着するだろう。
性能は、いいけど、どうも愛着という点ではわかない。
しかし、小学校高学年の私がApple Watch Series 7を見たら、びっくりするだろう。映画の世界ですからね。昔の自分に見せてやりたい。
「将来、こんな通信機器を使うんだ!」「明るい未来が待っているぜ」とね。

DSC08264.jpg
↑NATO軍仕様のベルトではだめらしい

あと30年ぐらい経ったらどうなっているのだろう。
きっとAppleWatchやiPhoneも使っていないだろう。
念じたら、必要な相手にテレパシーで連絡がつくようになっている。テレポートもできるようになっているかも。念えば物質も出てくるようになっているかも。
これから30年が楽しみだ。
でも、サブマリーナは、記念で置いておくかも。歴史だしね。

dfa71bf28b218d9d16612b9bb4.jpg
↑SinnEZM2はドイツに旅立ちました

サブマリーナはスイスへ、SinnEZM2へ旅だった。
帰ってくるのは、来年の春から夏。
費用が二十数万!トホホのホ。最高級のAppleWatchが2〜3個も買えるし・・・。

「おはようごかえりやす」
私は、送り出す時「いってらっしゃい」でなく「おはようおかえりやす」をつかいます。
最悪なのは、「お気をつけて」でしょうね。なぜなら事故とかをイメージしているような感じですよね。人間が念ったことは実現する危険性があります。
だから「おはようおかえりやす」がいい。無事帰ってくるのをイメージして、送り出しているからです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんなのを飲まずに食べるって不思議でしょ [食]

なんだろう?
こういうのが時々食べたくなる。
身体が欲するのかな?

DSC05072.jpg

DSC05068.jpg

この日も京女と2人で食べに行った。
場所は、私のブログに時々登場の「焼肉北山」四条東洞院店。
写真の内容を見ると焼肉を食べるという程でもない。

DSC05082.jpg

私は、レバーと上ミノを二人前ずつ食べた。
京女は、タンとイカ、そしてニンニクだけ。
これが家ならニンニクが二株は食べるだろうな。
脂分は少ないかも。

DSC05090.jpg

野菜はなし。
焼くのが面倒臭い。
家なら様々なキムチを山盛り食べる。
外で食べる時はおとなしいかも。

DSC05107.jpg

DSC05102.jpg

焼いて、食べる間、よく考えたら何も飲まない。
普通ならビールですよね。
私は、アルコールアレルギー。京女は、あまり飲まない。
でも飲まないからこんなメニューになっているのかも。

DSC05111.jpg

二人とも、最後は雑炊。
私はテールクッパ、京女はキムチクッパ。
これで満足なんです。
時間もそれほどかかりません。

DSC05118.jpg
↑キムチクッパ

そういえば、ロースとかカルビなんて食べないですね。
本当は、レバーや肉を生で食べたいのです。
レバーも殺したてのやつがいい。肝細胞がザラッとするのを生で食べるのが好きなんです。
肉は、ユッケでなくタルタルステーキがいいなぁ・・・。

DSC05123.jpg
↑テールクッパ

DSC05126.jpg

なんかまた肉が食べたくなってきた。
この間、昼に肉が食べたくなって、牛ヒレ肉を1ポンド(453.6グラム)レアで焼いてもらって食べた。あの時、肉しか食べなかった。焼肉よりステーキの方がいいのかな?輸入肉ならそんなに高くないしね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご近所紅葉もそろそろ終わりかな? [風景・和菓子]

DSC05036.jpg

いま、第二作業室を作っている。
南側の部屋に置いてあるPC環境を整備しているのです。
北側の部屋にあるPCが高齢になり、どうも動きが怪しい。
向こうの方が温かいですからね。

DSC05042.jpg

父親の所に行っていたiPadも帰って来た。
キーボードも使い易くしたいと思っている。
これはとても大切なことなんです。
通販や実店舗に行き、いろいろ道具を揃えています。
使い易くなるだろう。
いまの北側の部屋は、清水寺の舞台に向いて作業しているのですが、北面なのでちょっと冷える。冷えるのですが暖房は嫌いなんです。
服装は外にいるのと同じ服装。手袋のしているしね。

DSC05046.jpg

DSC05048.jpg

暖房嫌いなのは、中学ぐらいからズッとなんです。
ダイニングでもオイルヒーターぐらいかな。
今年もこの状態で冬を越します。

DSC05055.jpg

本日の写真は、智積院の紅葉です。
もうそろそろ終わりかも。
今年は、以外と早く冬になってしまいそうですね。
他の場所もどうどうだろう?

DSC05061.jpg

今年の紅葉ってそれほど綺麗でないみたいですね。
でも観光の人は多くなってきたかも。
今週末はすごいかも。
でも紅葉はもう終わりかもしれません。

DSC05063.jpg

ライトアップで見るとまだ見られるのかな?
どうも有名なスポットに行こうという気になれないな。
歩いている人の歩みが牛歩状態だし・・・。
しかも帰りのタクシーが少ないので帰るのが大変だしね。

P1710942.jpg
↑亀屋良長「唐紅葉」

P1710982.jpg
↑上用、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感