SSブログ

葉月 [風景・和菓子]

P1120771.jpg

P1120809.jpg

明日から葉月ですね。
猛暑と天気予報で猛暑と騒いでいますが、京都市内はいつもこんなものだと思います。いつもなら7日から10日まで「五条坂陶器まつり」があります。今年は中止みたいです。
一昨日、病院に行ったけど、新型コロナで結構大変らしい。
8月は、2回眼の手術なんだけど、中止になったりしないだろうな・・・。
別に楽しみにしている訳でもないけど、眼が見えないのが鬱陶しいのです。
眼が見えても文字が読めないから、同じといえばそうなんだけど。

P1510946.jpg
↑鶴屋吉信「ほおづき」

P1520017.jpg
↑外郎、白あん

これからの二週間は、一番暑い時期、それも夕立が降ったりする天気なんです。
暑い、熱中症と騒ぎすぎ。気の弱い人は聞いただけで気分がわるくなるだろう。
よく考えたら、身体は暑いけど、心まで暑くなる必要はない。心は常にクール。
病気でもそうだ、身体は病気でも心まで病気になる必要はない。それに気づけば身体も酷くならないように思う。
病院や薬局で「いかがですか?」と聞かれたら。「いつも元気です」と答える。
それに「ちょっと頭が・・・」なんで答えたら、どんどんマイナスの会話に引きずり込まれる。彼らは、マイナス発想ですからね。
帰る時に「お大事に」といいます。あれもいけません。あれは「(無理だと思うけど)お大事に、きっと一週間も経ったらまた症状がぶり返すから、また来て下さい。まいどあり」という意味なんですよ。
そういう会話に巻き込まれたらいけません。

P1510964.jpg
↑鶴屋吉信「宵待草」

P1510992.jpg
↑焼皮、粒あん

病院なんてできるだけ行かないにこしたことはない。
薬も飲まない方がいい。
病院に行ったら手遅れだと思う。
これからの生き方は、病院に縁のない人生です。
保険は掛け捨てでいい。
どんな病気も死んだら治ります。

P1650269.jpg
↑千本玉寿軒「涼風」

P1650282.jpg
↑わらび粉、黒糖、葛

おかげさまで、暑いのも慣れてきた。汗がうまく出てくれます。ありがたいことです。
でも・・・早く冬になってくれないかなぁ。
京男の快適気温は10度なんです。
昨日の34度なら24度も気温が高い。
はやく冬にならないかな・・・。
せいぜいクーラーをガンガン動かします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二人でディナー&ランチ [食]

今週は、朝からずっと出かけっぱなしだった。
大阪だったり、神戸だったり・・・山科だったり、山科は洛外でないか・・・。でも時間のかかり方は、洛外だ。

DSC03824.jpg
↑永正亭「田舎そば」

山科の場合は、父親がお世話になっている施設に、書類等を届けないといけなかった。行きはマンションにタクシーを呼び、行く。帰りはタクシーが勿体ないからシャトルバスで帰る。そのシャトルバスが乗り換えないといけない。ものすごく時間が取られた。上等カレーは、その時のもの。

DSC03828.jpg
↑特田舎天ぷら付き

DSC03835.jpg

大阪方面から帰って来て、京女と高島屋で待ち合わせ、その時、久しぶりに永正亭に行く。昔はよく行きました。
最近、人気店になったようで、ランチタイムは行列?我々は行列はできない。ディナーの時間は、比較的空いている。
で、特田舎や田舎を食べた。この時は、珍しく冷たい状態だった。

DSC03838.jpg
↑上等カレー

昨日は、またまた私の病院。
診察室で主治医と話していた。新型コロナで病院はバタバタしているらしい。主治医が5類にしたらいいのに・・・と言っていた。ちょっと熱が出ただけで、人が来るらしい。熱が出るのを悪いことのように思っているのか?熱ってウイルスと身体の防御機能が働き、闘っている状態だと思う。風邪でも熱がでたら葛根湯でもっと熱を出し、汗をだし、水分を摂取して横になればいい。コロナでなく寝冷えの人も多いらしい。

DSC03844.jpg
↑ナスカレー

いずれにしても病院はできるだけ行かない方がいいですね。
薬局も結構待たされる。高齢者が薬をもらうために待っているのです。薬、みんな好きですね。

DSC03847.jpg
↑エビフライカレー

この時期でも、高速で歩きます。暑さは馴れたけど、止まると汗がドッとでる。扇子が大活躍。その際、マスクが邪魔。マスクを外したいけど、病院ではねぁ・・・。
このクソ暑い時期にコロナというのは鬱陶しい。

DSC03852.jpg
↑ここの海老フライは、切ってあるのが特徴

本日も外出なんです。デスクワークが全然できない。
夜になると疲れて寝てしまうし・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

浪花にて [カレー]

タイトルを見る不思議な感じに見える。
中身は、大したことではない。
用事があり大阪に行っただけです。
大阪でいつものようなランチを食べた。

DSC03766.jpg
↑ポンガラカレー 阪急サン広場店「選べる2種のカレープレート」

そういえば最近、梅田近辺しか行ってない。
用事して帰るだけ。あまり長くいたくない。
なんでしょうね。
まあ、京都市内でも同じか・・・。
無目的にブラブラしないか。
いいのかわるいのかわかりません。

DSC03777.jpg
↑帆立クリーム、アサリカレー

DSC03780.jpg
↑最後は、まぜまぜで食べます

梅田あたりを歩くと疲れる。
人が多いからなんです。
最近の傾向はだらだらと歩くのです。
一人一人がしっかり自分の進む方向を見ていない。
運動神経も良くない。
スマホを見ながら歩く人が多いからかも。
エスカレーターでも必ず駆け上がる人がいる。
京都では、そこまでの人は少ない。
一列で乗り、左か右をあけるということをいまだにしている。あれは危ないと思う。
二列で乗れば乗る時に行列ができないのに・・・。百貨店では、最近、二列でお乗り下さいと書いてあるのに・・・・。エスカレーターの故障にもなると思う。それがマナーだなんだって言っているのもわからない。
そういう群衆に紛れて歩くのが疲れる。高齢者と一緒に歩くと「疲れる」とおっしゃるのもそれだろうな。

DSC03792.jpg
↑インデアンカレー 阪急三番街店「レギュラー・卵」、今回ルーちょっと味が変化していた。最初に感じる甘味が弱かった。なんだろう?私の体調ではないと思う。

それから日傘で気になることがある。
たたんだ状態で日傘の中程を持ち、手を振って歩く女性がいる。あれは見ていて危ない。悪気はないと思うけど、小さな子供が危ないと思う。傘の持ち方って学校で教えないものなんだろうか?
スマホを歩きながらも絶対に止めた方がいい。
熱中症対策なのか、飲物を飲みながら歩くのもよくないと思う。歩くのか飲むのかどちらかにした方がいい。人間は、違うことを同時にできないと思う。よほど訓練を受けた人なら別だけど。

DSC03794.jpg
↑台湾甜商店「芋圓仙草満足」

熱中症は、地下街を歩くと問題にならない。
空調が入っているから。
大阪の地下街ってドブネズミの巣みたいな状態。食べ物の腐敗臭、汗やワキガの匂い、ほこり臭いのもいやですね。できれば地上を歩きたいけど、それでは、行きたいところにスムーズにいけない。
京都市内では、そういうことがないのです。

DSC03798.jpg
↑見栄えはよくないけど、食べると口の中がさっぱりするのがいい。付いているお茶もいい。

DSC03809.jpg

大阪梅田近辺もまだまだ開発を続けている。
同じような店がいっぱい増え、東京あたりと同じような雰囲気になってきている。
個性がない。昔の大阪らしさがなくなっていているかも。
神戸でも同じかな。
京都市は、予算がなく、建築の規制もあるからそこまで開発が進んでいない。
京都駅近辺で大学をつくったりしているけど、あれでは経済は活性しないだろう。

DSC03819.jpg

DSC03821.jpg

なんか雑文になってしもた。
すんませんなぁ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どら焼 [和菓子]

5月に京都大丸の地下で食べた「どら焼」を買ってみました。

DSC01411.jpg
↑笹屋伊織「どら焼」

この「どら焼」、月に20・21・22日の3日間しか販売していない。
毎月21日が東寺の弘法大師の縁日に因んでいるそうです。
ずっと以前から存在は知っていましたが、手に入れるのは初めて。

DSC09375.jpg

京男は、どら焼というお菓子はあまり好きでなかった。
甘い餡を甘い生地で包むのが嫌いだったのでしょう。
最中なんかもあまり好きでなかった。
「生菓子も好きか?」と聞かれたら、「好きになれない」と答えるかも。
本までつくっているので、京男を甘党と勘違いされているかも。
もちろん、味をみるために食べるけど、それは職業意識であって、好きなのではない。好きだと冷静に味を見られないと思う。

DSC09377.jpg

母方の祖父は、甘党だった。
小さい時、母の実家に預けられていたことがある。
甘党の家族で、一人1本羊羹が配られていた。
それを見て怖気をふるっていた。
おはぎも苦手だった。あの家でつくる大きなおはぎが怖かった。

DSC09381.jpg

それと生菓子の色合いが嫌だった。色粉を使って色をつけるのです。
それが苦手だった。
落雁、州浜、羊羹も苦手。
昔は、結婚式の引き出物で巨大な上用饅頭や羊羹が配られた。ああいうのが嫌いな理由だったかも。

DSC09384.jpg

でも母の実家の小豆を煮る香りは好きだったかも。
祖母のつくる精進料理も苦手だった。
干瓢、椎茸、高野豆腐を甘く炊いたんも苦手だった。
甘い食品全体が苦手。
祖父は、白い御飯にお砂糖をかけて食べていた。私にとりそれは恐怖。
母もそんな家庭に育ったから、甘いものは好きでなかった。
だから、お菓子はあまり買ってもらわなかった。

DSC09386.jpg

そんな私でも、洋菓子は作っていた。
洋菓子やパンを作る訓練はうけていたからです。
趣味でつくっていた。
フランス、ドイツ、ウィーン菓子を作っていた。
でも味は見るけど、好きで食べた訳ではない。
不思議でしょ。
ミルクキャラメルなんかも作ったな。
私としては、料理人がつくるデザートが得意だったかも。
洋菓子屋さんのお菓子はあまり好きでない。
それをつくるのは、京女の方が得意かも。

DSC09389.jpg

和菓子の生菓子は、形状、ネーミングが好きだったのです。
食べるのは好きでない。
抹茶は、専門的に習ったので、味はわかる。茶道的にはやってないけど。味に興味があったからですね。

DSC09395.jpg

何を書いてるんや・・・。
まあ、こういう時は出るに任せるのが最近の傾向。
料理なんかも、趣味的に家でつくっていた。
外に食べに行くのも、味を盗むためなんです。
三回食べたら、大抵再現できます。
この能力をプロとしてやったらいいのに・・・しないのです。
いま思うと食べ物もやらなくてよかった。いまの時代を予想していましたからね。
趣味にして置く方が楽しいと。

DSC09398.jpg

どら焼の話しも書いて置いた方がいいのかな?
このお菓子は、さほど美味しいと思わなかった。
作りたてを食べたいな。つくって保存するのにエージレス(脱酸素剤)を使う。窒素充填より優秀だから。でもエージレスの味?が付くのが嫌なんです。土産物の殆どにエージレスを使用している。仕方ないのですが。
何がどう味に影響するのか・・・表現しずらいのです。

DSC09402.jpg

このどら焼も三日間限定なら作りたてを売ればいい。
バームクーヘンなんかもそうやね。

この「どら焼」竹の皮で包むのは好きなんです。
包丁で切る時に形が崩れるのが問題ですけど。
細かいノコギリ状の刃の包丁が必要ですね。

なんか雑談で終わってしまった。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:和菓子 京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

涼♪ [風景・和菓子]

P1120715.jpg

京都市内は、36〜37度ぐらいの気温。
道路上は、きっと40度ぐらいになっているでしょうね。
でも、ここ二日は、大阪行きが続いております。
屋内や乗物での行動なので、それほど暑さは感じません。
どちらかというとスムーズに汗がでてそれほど辛くない。

P1120720.jpg

呼吸法が舌を丸くしてその空間に空気を通し涼をとりながら歩きます。
マスクをしているから目立ちません。
もっとも屋外を歩く時は、マスクは外します。
大阪では、結構、皆マスクをしていますね。
しかもネクタイ・スーツだったりしてね。ご苦労様です。

P1330205.jpg
↑千本玉寿軒「苔清水」

P1330250.jpg
↑葛製、黒こしあん

大阪市内も新型コロナの感染が広がっているそうです。
どこで、どのように感染しているのだろう?
いまだにハッキリわかっていないのでしょうね。

P1330695.jpg
↑京都鶴屋鶴壽庵「朝顔」

P1330707.jpg

今日は、父親の施設に夫婦で訪問。
書類とかを届けないといけないのです。
私も昨日、区役所に書類の更新に行きました。
役所は、無駄なことをやっているように感じます。

P1330746.jpg
↑葛、紅こしあん

明日は、明石方面だ。
乗物に乗れて嬉しいです。
クーラーは、効いているし、朗読もしっかり聴ける。
快適です。
家のクーラーも休ませることができるしね。
クーラーが古いのでききが悪くなって来ているかも。
なんとかこの夏は乗り切りたい。
顔晴れクーラー君!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感