So-net無料ブログ作成
甘味その他 ブログトップ
前の5件 | -

竹の皮 [甘味その他]

昔は、ラップなんかなかった。私の小さい頃はなかったと思う。食べ物を運ぶ時、竹の皮だった。
竹皮って優れた特徴がある。

DSC06212.JPG

竹皮の特性
1.抗菌作用・防腐作用
2.通気性
3.吸湿性
4.保水性
5.消臭効果
6.丈夫

SW154.JPG

竹皮は、抗菌作用のある「フラボノイド色素」や「高級脂肪酸」という成分を含んでいます。それと通気性、吸湿性が高いので、包んだものが傷みにくい。
しかも丈夫なので、焼いたり、蒸したりという調理もできる。
竹皮の端を細く裂くと紐にもなる。
ゴミになっても環境に悪影響を与えない。
いい竹の香りが食べ物を美味しく感じさせられる。

DSC06213.JPG

以上のようなことがあるから、もう少し一般家庭でも使ったらいいかも。
できれば、国産のモノを使うのが安心でしょう。

DSC06216.JPG

ラップやタッパーウェアを少なくしていってもいいのかも。
もちろん、竹皮はすぐに使えない。30分ぐらい水で湿らせておかないと使えない。
なれだと思います。
焼いた梅干し入りおにぎりを竹皮で包み、風呂敷で包んでお出かけなんてことを楽しんでもいいのかも。

DSC06217.JPG

本日の写真は、滋賀県の「和た与」のでっち(丁稚)羊羹。これは、栗の入った特別バージョン。
よく考えたその竹皮で包んだ羊羹を、長期保存できるように密封し、脱酸素剤入りにしているのが不思議な感じがする。

DSC06207.JPG

右側に入っているのが「脱酸素剤」。
土産物に入っていますよね。
これどういう仕組みなのかわかりますが?

DSC06209.JPG

脱酸素剤は、密閉容器の中を脱酸素状態にする薬剤である。鉄の酸化を利用して酸素を吸収するタイプが主流であるが、糖やレダクトンなどの酸化反応を利用した有機系のものも一部で使用されている。酸化を防ぐことにより、カビ、害虫、油脂の変質などを防止することができ、食品包装で広く利用されている。
よく見るのは、鉄の酸化を利用したものです。昔、使うにあたって入れ物の機密性が問われます。なぜ?使い捨てカイロと同じ原理なんです。鉄の粉を酸化させて酸素を減らすのです。容器の機密性が悪いと若干だけど熱がでる。そうなると食品が変質するのです。容器にいれたものを何回も遠方に送ったりして、機密性のテストをしたものです。
私は、風味が悪くなるからあまり好きになれないな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:甘味 洛外
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘法さんでしか売ってない飴? [甘味その他]

京男は「○○限定」なんて言葉に弱かったりする。
「最後の一本」「いま逃がすと三世出会えない」「盲亀の浮木※のようなチャンス」「優曇華の花※に出会うような」・・・
※盲亀の浮木/大海の底にすみ、百年に一度だけ海面に出てくる盲目の亀が、海面に浮かぶ一本の木に出会い、その木にあいている穴に入ることは容易ではないという、仏教の説話から。もとは、仏または仏教の教えにめぐり合うことは、非常に難しいことをいったもの。
※優曇華の花/三千年に一度咲くという想像上の吉兆の花。
※「盲亀の浮木、優曇華の花」と続けてもいう。

DSC02150.JPG
↑お店は、八条通南側にあります。

過去の経験からいうと、こういう時は、問題なければ手に入れて置くのが正解。次回になると条件が難しくなっていたりする。
また、気に入った服や靴、その他のモノは、同じものをバックアップとして手に入れて置くのが正解。
最近は、ネットで探すことができるようになったけど、やっぱりその場で判断し、手を打つのがいい。

DSC06314.JPG

写真は、「東寺飴」といいます。毎月21日の弘法市の時だけお店がオープンしたはります。
種類は、生姜、サイダー、黒、はっか、梅塩、レモン、抹茶、べっこうがある。
写真は、一番人気の「生姜」。

DSC06311.JPG

おそらく、普段はお店を開けていても、人通りが少ないから商売にならないのかも。
だから弘法市なのかも。
きっと人員の関係なのかも。
そうか卸しとかで、忙しいのかも。

DSC06322.JPG

昔、お濃茶の飴を飴職人さんに作ってもらったことがある。
抹茶の粉を透明の飴でつつみ、飴を作るというもの。
飴は、固まる前は当然熱がある。
抹茶は、熱に当たると色が赤茶けてきたりする。もちろん色粉をつかったら色は変化しないのですが、それでは味が悪くなる。
いい抹茶の粉を薄い飴で包みたかった。
口にいれた時、薄い飴がスッと溶け、抹茶の粉が口の中で広がるようにしたかった。
フワッと飴が消えて、抹茶の味と香りが残る。
これを作るのがとても難しかった。どうしても飴の熱で抹茶が変色してしまう。
どうしても飴の層が分厚くなる。甘味だけが全面に出過ぎる。
最後は、コストの壁を越えられなかった。
抹茶の落雁もそうだった。タブレットもね。
戦時中(応仁の乱でなく大東亜戦争)にゼロ戦パイロット用に目覚ましように、抹茶のタブレットをつくっていたらしい。もちろん、カフェインを摂るためです。いまなら合成のカフェインになるのかな?でも人工的にカフェインを作るとなるとアンモニアから生成された窒素を多く含む尿素から合成しています。尿素をまずはメチルアミンのような薬剤とギ酸へ変化させ、さらにカフェインのような特性を持つテオフィリンへと変化させます。最後に、テオフィリンをメチル化させると純粋な合成カフェインが完成します。作っているのは中国らしい。工場の近くでは、猫のオシッコのような匂いがするらしい。なんか身体に悪そう。
ドリンク剤ってあるじゃないですか、大抵カフェインが入っていますよ。
その点、抹茶を使うとそんな心配はない。でもコストが合わない。

DSC06323.JPG

なんか話がそれました。
どうも話がそれます。
この東寺飴、いつもは、義母から持っておりました。
京女の実家は、東寺の近くにありますからね。

いまの時期、こういう飴もいいですよ。
毎月25日、弘法さんの時に見つけたらお買いください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

止まりません・・・ [甘味その他]

まだ東寺の風景が残っています。
でもちょっと飽きてきたので本日は別の話題。

DSC06243.JPG

これは、私好みの「ぎぼしの吹よせ」。
小さい時からこの丸い煎餅が好きだった。
(昨日27日、またまたぎぼしに行きました。この丸い煎餅の名称を聞きました。「えびせんべい」なんだそうです。)
幼稚園がカトリック系だった。聖体(せいたい)というのを口の中にいれてもらう儀式をやっていた。あの聖体がこの煎餅だと思っていた。
「そうか日曜学校に行ったらあれが食べさせてもらえるのか」と入信しそうになった。途中でどうやら私の好きな煎餅と違うのがわかって入信を中止した。
聖体は、パンの一種らしいですね。ワインとワンセットになっているらしい。
キリストの体と血を表現らしい。
ワインは、飲めないからだめやなぁ・・・。そのかわり山羊の乳で作ったチーズ(シェーブル)を付けてくれたら、転ぶかも・・・。
シェーブルかブルーチーズが食べたくなってきた。

DSC06220.JPG
↑ぎぼし「吹よせ」

DSC06223.JPG

私は花粉症ではないけど、春の花粉シーズンになると無性に個性的なチーズが食べたくなる。なんだろう?

DSC06224.JPG

「吹よせ」に話を戻してます。
これは、缶入りタイプでなく、お徳用にタイプです。
缶入りは、ギフトならいいのですが、自分用ならこれで十分。
湿気るからあまりたくさん買ってはいけません。

DSC06228.JPG

知らず知らずの内に食べてしまう。
とても危険な御菓子ですね。
お酒にも合いますよ。

DSC06237.JPG
↑「磯豆」

それからもう一種。
これは「磯豆(いそまめ)」。
私は、ぎぼしのが好きなんです。

DSC06232.JPG

例月は節分ですね。
この豆を使うといいですよ。
塩加減がいいんです。
これなら、歳の数でも食べられそう。

DSC06235.JPG

これも「吹よせ」同様、食べ出すと止まらない危険性がありますね。
まあ、豆製品ですから身体にいいかも。
こういう豆製品、お豆腐、お揚げさんは、生活に欠かせません。
納豆なんかもよく食べます。

DSC06259.JPG
↑「ぶぶあられ」

「ぶぶあられ」も無いとこまるもの。昆布茶にいれたり、お茶漬にいれたり、納豆にいれたりと使います。天ぷらの衣に使うのもいいかも。
これは、食べ出したら止まらないということはないです。ご安心ください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年会・・・デザート [甘味その他]

DSC01317.jpg
↑IORIの子年パフェ

まだ、家族の新年会写真。
今回は、デザート。

DSC01323.jpg
↑ネズミがパフェに乗っているのです。この日、両家の仏壇にそっとネズミの形をした饅頭を供えたのを思い出す。

焼肉屋さんが混んで来たので撤収する。
我が家系の場合、お酒を飲む人間が少なく(父親が生ビールを飲んだ!2杯目は皆に止められた。新年早々転倒入院は嫌ですからね)早く宴会が終わるのです。狭いお店なのでユックリすると迷惑になります。

DSC01331-2.jpg
↑年男の父、翌日の血糖値は?と質問したら、さほど血糖値は高くなかったとのこと。よかった。

大丸京都店まで、すぐなので地階に降りて、IORIの席が空いていたのでデザートとなった。
干支のパフェを見つけ、みんなで年男のお爺さまを調子に乗らせて食べさせた。
年男万歳!!
写真がちょっと嬉しそうだった。
次の日の血糖値で青くなる?かも。

DSC01291.JPG
↑柚子ソーダ

DSC01295.JPG
↑ホットグリーンティー

京男は、地味に柚子ソーダを注文。
次女は、ホットグリーンティー?を注文。
お爺さまのお下がりをいただく。

DSC01299.JPG
↑白玉クリームあん豆かん

京女は、豆かんを注文。これ結構美味しかった。
長女は、だるまパフェ。
女性陣が多いので、華やかなデザートでした。

DSC01301.JPG
↑だるまさんの小倉パフェ

さすがに、大丸の地下食料品を見ても何も欲しくなかった。
父親の足元もフラフラしていないので一安心。

DSC01304.jpg
↑「手も足もでませんわ〜」なんて言っているかも。

京男Jr.1カップルは、インフルエンザで欠席だったのは残念だったけど、それも厄払いになってよかったのかも。
ということで今年も元気に暮らしましょう!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

善哉善哉 [甘味その他]

P1040805.JPG

昨日は、天気予報的には雨の予報だった。
でも、ちょっとした作業が外部で必要になる。
仕方ないなぁ・・・。

DSC00244.JPG
↑カラフルなメニューが増えましたね

DSC00245.JPG

でも昼ぐらいには、雨が止むような・・・。
天気予報なんていい加減なものだ。
自分で降らないと決めたら、酷い状態で雨に遭わないだろう。
そう感じる。

DSC00243.JPG

そういう時は、自分の直観を信じます。
もちろん、傘は持っていきません。
それがお昼だった。
郵便局にも用事があったから、取りあえず東福寺の方に歩く。

DSC00247.JPG

そこで梅香堂の前を通る。
「そういえば最近、善哉を食べてないなぁ」と思ったら。
フラフラとお店にはいる。
まさかランチ時に甘党の店が満席というのはないだろう。
予感は的中し、席が空いていた。

DSC00251.JPG
↑お餅が2個

カラフルなメニューがあります。
きっとインスタ云々でパフェやホットケーキを食べる人が多いんだろうな。
一番地味な「ぜんざい」と決めておりました。
ランチの代わりということでおもちを2個にした。
昔の私なら考えられない選択だと思う。
でもシンプルな小豆の甘さと香ばしく焼いた餅がなんともいいんです。
最近、邪魔くさいのか焼いた餅でなく白玉のお店が多い。あれは邪道だと思う。
もちろんタピオカもね。
妙に満足するのです。
頭の中で「善哉善哉」と呟いておりました。

DSC00256.JPG

それと弘法大師の十住心論の中にある「少(すくな)き分(わか)ちて甘を割(さ)く者(もの)は、居然(きっぜん)としてこの身(み)を脱(のが)る」が浮かんだ。
少しの食物やおいしい物を分け与える者は、そのままにして、貧り惜しむ心の強い者が落ちるという餓鬼道からは逃れるであろう。
「自分さえよかったら!」と、貪欲にしばられ、世のため人のあめに財を使うことでなければ、その人はすぐに餓鬼道に落ちている。
いまの地球の大きな会社やエリート達は、みな餓鬼道に生きているのだろう。もうすこし自分以外のことを考えたらどうやろね。

DSC00264.JPG

ぜんざいは、甘かったけど、最後にあたまに浮かんだ内容は辛かった。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 甘味その他 ブログトップ