SSブログ
社寺・甘味 ブログトップ

近所の茅の輪 [社寺・甘味]

DSC02991.jpg

新日吉神宮(いまひえじんぐう)から歩いて新熊野神社(いまくまのじんじゃ)へ。
いつもの病院へ行くコース。
神社前にバス亭が出来て調子が狂います。

DSC02994.jpg

本殿の所まで着き、立ち止まったらものすごい汗。
私の好きだった梛木がなくなって寂しいな。
なぜ切った?
境内が雑草でいっぱいの雰囲気も好きになれない。
どうしたんだろう?

DSC02997.jpg

DSC02999.jpg
↑ここの説明は読みにくい。もっとも私は読めないのですが・・・。

茅の輪も心なしか、貧相に観じる。
神社によって違うものですね。
考え方もあるのだろうけど。

DSC03001.jpg

DSC03002.jpg
↑屋根の鴉も暑そう

暑かったのであまりゆっくりできなかった。
そうそうに撤収。

DSC03006.jpg

DSC03009.jpg

今熊野神社を出て、突然かき氷が食べたくなった。
これは、珍しい。
身体を冷やしたかったのだろう。
で、ちょっともどって梅香堂に入る。

DSC03014.jpg

お店に入ったら、お昼なのに人が多い。
考えることが同じなのか?
スイカの種(修学旅行生のこと。制服でゾロゾロ歩く姿がスイカの種に見えるので、京都人はスイカの種と称する)もフタテーブル占拠していた。
調べて来るのだろう。同じ予算でランチが食べられるのに・・・贅沢な。
私も贅沢?

DSC03016.jpg

この日は、黒糖金時氷を注文。
食べると身体が冷えました。
やっぱり効果はあるのかも。
先日作った塩を持参したらよかった。ちょっと氷に塩をかけるのもありかも。

DSC03019.jpg

でも・・・かき氷って最後の方が美味しくない。水分だけで・・・。
底の氷は、甘味を凍らした氷で作ればいいのに・・・。
それと最初の方がスプーンで食べ難い。
それと量が多いかも。小盛もありかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺 甘味
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
社寺・甘味 ブログトップ