SSブログ

トーチカ? [風景]

先日、父がお世話になっちいる病院に、忘れ物を届けに行った。
実家から徒歩で移動。

DSC09372.jpg

子安観世音・・・実はあの大きな石仏は「子安観世音」だった。年代はよくわからないらしいのですが、鎌倉期じゃないかと言われているそうです。
白川の村=白川郷は御所御用達の花の産地として知られていました。白川女とよばれる同村の娘達はカゴにいれた花を頭上に乗せて御所まで運搬していました。今でも白川女っていてはるのかな?その白川女さんが商売をしにいく前にこの子安観世音にお花を供えたのだそうです。
その子安観世音からしばらく歩くとここへ出ます。

DSC09373.jpg

さてその子安観世音からしばらく歩くとこんな風景の場所に出ます。
小さな川も流れている。
どうやら疎水らしい。

DSC09374.jpg

木の所に円筒形のへんなモノがある。
見れば見るほど不思議なんです。
戦争中(といっても応仁の乱ではない)の遺構?
こんなところで敵が攻めてくるの?

DSC09375.jpg

で、いろいろ撮影してみました。
窓から機関銃がでて来そうな雰囲気でしょ。

DSC09378.jpg

どうやらこれは、疎水導水用付属施設らしいのです。
どんなふうに使われていたのかな?
まさか現役ではないとは思うけど。

DSC09381.jpg

赤い部分が扉みたいです。
中に入ったら地下になっていて・・・なんだろうか?
不思議なものですね。

DSC09384.jpg

疎水とは、琵琶湖から京都へと引いた琵琶湖疎水が、山科を越えて蹴上に入ったところで分流、南禅寺の「水路閣」という水道橋を経由して、銀閣付近の哲学の道に沿って北流し、そのまま松ヶ崎浄水場方面へと向かう流れのこと(実際には浄水場手前で高野川に合流)。つまり、鴨川に逆行する、珍しい(というか、かなり無理のある)流路をとっています。
都が東京に行って落ち込んだ京都市内をなんとか盛り上げようと工事をした。
この水で水道や発電をし、その電気で市電を走らせた。
建物も洋館が結構あります。
よく考えたら京都市内って不思議な街ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また事件だ [風景]

写真は、一昨日の写真の続き。
京都市内の普通の景色。
私の小さい時の遊び場所です。

DSC09351.jpg

最近、毎日実家をカメラで見守っております。
朝、起きる時間もチェックしています。
朝食を食べているか・・・服装は、その他。おかしなことがあればカメラとスマホ、電話でアドバイスなんです。
リモートですが、なかなかストレスを感じますね。

DSC09352.jpg

昨日は、父親の起床が遅かった。目覚ましは鳴るようにセットしてあります。
iPhoneとAppleWatchが反応します。
カメラ越しに目覚ましの音が聞こえます。
でも起きない。

DSC09354.jpg
↑懐かしの「まつお」

暫くして起きてきたので、見守りを止めた。
ヴォイトレのレッスンがあるので出かけないといけなかった。
ヴォイトレが終わって(ヴォイトレ中に私のAppleWatchがノイズで反応しました。どうせ私の声はノイズやし・・・先生の声には反応しなかった。私のハートが傷つきました)から、実家用の買い物をしてバスで向かう。

DSC09358.jpg
↑この地蔵も懐かしい

実家の近くを歩いて行くと父親のデイサービスの車とすれ違った。父親が乗って居る筈。乗って居るであろうムキに手を振った。この時、父親は認識していたらしい。
実家に着くとお昼御飯を食べてなかった。おかしい?
でも書類を取って、区役所に向かう。父親の身障者手帳を受け取りに行った。

DSC09359.jpg

区役所(これが遠い!)に行くとたくさん書類を書かないといけなかった。そんなの聞いてない!私は、手書きと文字読みができないのです。一応読字障害なので・・・。だから職員さんに代筆をお願いした。
それが時間がかかりました。終わったら夕方近くなっていた。
それから木材系の個展に行く。
終わったら、5時廻っていた。京女と会う。
一緒にバスに乗っている時、父の看護師さんから電話。「父がまた高熱でデイサービスを早退したらしい」救急車を呼ぶ程でもなさそう。

DSC09360.jpg

家に帰って、カメラで看護師さんと話す。熱は、ちょっとましになったらしい。
実家に行った時、何気なく氷枕を冷凍室に入れたのです。それが役に立っていた。
凄い!!
なんか感じていたのかも。

DSC09362.jpg

看護師さんが実家からお帰りになったので、京女と2人で実家へ。
飲物が難しい。水を持っていった。
高齢者がぼーっとするのを治すには、朝の水分がいいらしい。
透析患者なのでガブガブはだめ、カフェインも利尿作業があるのでだめ。
でも糖質はちょっと必要かも。
脳は糖分しか有効でないですからね。
ちょっと甘めの飲物も用意した。さてどうなるか。

DSC09365.jpg

2人で明日の朝の用意をしておいた。
さてどうなるか?
微熱があっても透析は中止できないのです。
朝、起きてくれなかったら実家に急行となります。
さてどうなるか・・・お楽しみ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カギ事件 [風景]

DSC09334 .jpg
↑これが件のカギ

昨日は、早朝から大騒ぎでした。
父親が透析の日。
朝の8時スタートなんです。
病院の方から車でお迎えに来てもらっています。
それが条件で透析病院を決定しております。

DSC09337.jpg
↑吉田神社参道

DSC09338.jpg

一昨日は、朝から微熱だった。
でもデイサービスに行った。
行ったのはいいのですが、熱が出て来て早退。
私は捕まらなかったので、看護師さんが対応してくれました。
家に連れて帰ってくださった。

DSC09341.jpg

DSC09342.jpg

昨日の朝は、まだ微熱だったのですが、透析はするらしい。
まあ、透析をしたら熱は下がるのかな?
朝、5時頃テレビカメラで見ると起きていた。
夜早く寝すぎて、早朝目が覚めていたのかも。

DSC09344.jpg

DSC09345.jpg

ところがボ〜ッとしている。
高齢者を入院させるといけませんね。たった二ヶ月だったけど、面会は2回!なんです。コロナの影響で会わせてもらえないのです。
これがいけなかった。
退院して十日ぐらいになるのだけど、まだ入院生活から脱出してくれません。
自分で考えないのです、ボ〜ッとしている。
動きも鈍くなっている。筋力が衰えているのです。一番問題なのは受動的なんです。能動的でない。

DSC09346.jpg

いまの若者は指示待ちといいますが、それのもっと酷い雰囲気。
で、車でお迎えの時間が迫ってきた時「カギがない!」と言うのです。
外で落とす訳がないので家の中で探してといったけど、結局でてこない。
お迎えが来たので施錠せずに病院へ行った。
酷くないですか。
そのために私が実家に行かないといけないのです。
それはいいのですが、施錠したら父親が帰って来た時、家に入れない。
だから私の所の予備を持ってでた。

DSC09348.jpg

実家に行き、私が探すとすぐにある。
私は、直観で探すのです。
失せ物やネズミの通り道なんかもすぐに見つける。
一昨日、デイサービスに行った時に来ていたであろうベストのポケットにありました。
だからカギはカバンに付けて置きなさいと常々言っているのに聞きません。
結局、酷いことになった。

DSC09350.jpg

で、昨日は実家の空調のセットをしておいた。
時間が来たらクーラーが動くようにです。
昨日の京都市内は32度!だった。
西日が入る寝室は暑くなる。
そんなことは考えないだろうな・・・。
タイマーで動き、切れるようにしておいた。
本当は、スマホで手元で出来るようにしたいけど、機種を替えないといけない。それはちょっと無理。
透析の高齢者は、室温に気を付けないとね。

それから色々セットして、カギを病院まで届けないといけない。
徒歩で行くことにした。私の足なら30分もかからないと思う。
小さい時から遊んでいたところなので勝手知ったる道なんです。
本日と明日の写真は、その時のモノです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高瀬川の水運 [風景]

DSC09253.jpg

昨日も朝から実家へ。
家を整理しています。
父親は「そこまでする必要はない」といいますが、私には転けるのが見えるのです。
実際に見えるというのでなく、感じるのです。
そのポイントを変えるのです。
つまり予知した未来を変更する作業です。
わからないだろうな。

DSC09254.jpg

起こるであろう未来のリスクを取り除く。
二ヶ月も入院生活をすると足腰が確実に弱って来ています。
指先の力も弱っています。
問題は、シャント手術をしたので血管を鍛えないといけません。
でないと血管がダメになる。

DSC09255.jpg

DSC09258.jpg

もったお箸とかナイフフォークをポロッと落としたりします。
しかも入院中は、看護師さんたちがすべてやってくれる。つまり自分で考える必要がないのです。二ヶ月もそれが続くとある意味ボケます。
娑婆の生活を思い出さないといけません。
薬の飲み方だって忘れたりします。インスリンの注射は打てるみたいです。ひょっとして新型コロナワクチンだって自分で打てるかも・・・それはないか。

DSC09259.jpg

しかも突然、「散髪に行きたい」と言い出す。
毛もそんなにないのに・・・。
雨の中、連れていきました。
終わったら迎えにいったり・・・。

DSC09260.jpg

DSC09261.jpg

実家で、iPhoneやiPadの設定をしておりました。
iPhoneの電話登録が辛かった。
キーボードがないからです。
頭が痛くて、吐き気がしてきた。
しかもサポートに電話をしたりします。
シリアル番号等を読まされる・・・読字障害と白内障と緑内障の人間にですよ。

DSC09265.jpg

夕方、京女と会いに行くために徒歩で四条まで歩いた。時間調整の兼ねて。
一万歩ぐらいは稼いだかな。
そうでもしないと首背中が痛いのです。

DSC09267.jpg

明日は、休ませてもらえるかな?
本日の写真は、歩いていて撮りました。
高瀬川の始まる場所です。
角倉了以(すみのくらりょうい)という豪商が作ったのです。
すごい人ですね。
高瀬川って長さが11・1キロ、川幅が8メートル。すごい工事だと思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

端午 [風景]

今日は、端午の節句ですね。
端午(たんご)って不思議な文字ですね。
端午とは月のはじめの午(うあ)の日を指す言葉。また古来中国では、北斗七星(ほくとしちせい)が真北を指し示す十一月を「子の月」と定めたところから、五月は「午の月」といい、邪気を祓う月と考えられています。
※月の干支
上記の補足説明をしておきます。
月を干支で表すというのがあります。
月に関し、干支は固定しています。
1月寅、2月卯、3月辰、4月巳、5月午、6月未、7月申、8月酉、9月戌、10月亥、11月子、12月丑
この干支と十干が組み合わされます。
月にも干支がある。知っただけでも得した感じがしませんか?

DSC08725.jpg
↑炭屋の軒菖蒲、菖蒲の下の幕はやらなくなっていますね。

日本ではこの時期が旧暦では田植えを始める大切な時であることから、農耕儀礼として行われるようになったそうです。
端午の節供には、早乙女(さおとめ、田植えをする女性。天下御免のむこう傷、直参旗本・早乙女主水之介のことではない)という神迎えをする女性を、穢(けが)れから遠ざけるために「女の家」というところにお籠(こも)りをしてもらいました。このようなお籠りのことを斎籠(いごも)りといいます。
「斎」という字には穢れを落とし身を清めて物忌みするという意味があります。京都の葵祭の斎王代の「斎」も同じような意味あいです。いまはどうかしりませんけど・・・。

DSC08728.jpg

というよなことで今では早乙女ってあまり見かけません。田植えの機械に菖蒲で穢れをはれっているのかな?
本日の炭屋さんの軒菖蒲は、外部の穢れを祓うためにするのでしょうね。でも新型コロナには、どうなんやろ?
京都市内、昔は端午の節供の時、武者飾りでなく鍾馗の掛け軸だったと思います。
屋根にも鍾馗さんを飾ってあるのを京都市内では見かけるでしょ。鯉のぼりもあまりしなかったかも。
菖蒲の匂いが穢れを祓うのですから、菖蒲湯なんかも有効かな?新型コロナはどうかわかりませんけど。

DSC08735.jpg

この軒菖蒲は、昨日京女と見に行きました。
久しぶりでした。
通る人はあまり気づいておられないようでした。

DSC08743.jpg
↑ミンミン「豚肉とニンニクの茎炒め」

DSC08754.jpg
↑ピータン豆腐

それからランチ。
時間が無かったのでミンミンだった。

DSC08747.jpg
↑エビとニンニクの茎炒め

DSC08764.jpg
↑炒飯

面白いですね。
同じような傾向のおかずを注文した。
なんだろう?

DSC08758.jpg
↑プラ板ってじゃまなのでこうなります

その前に昨日は、実家に行った。
父親は、まだ入院中なんです。
元気にしていると思います。
新型コロナの影響で、面会させてくれないのです。
大きい病院なのにリモートもない。
まあ、緊急なら電話がかかってくるだろうけど・・・。

DSC08766.jpg

実家に行き、郵便物を整理しに行かないとだめなんです。
請求書があれば、対応しないといけないしね。

DSC08767.jpg

お漬物屋さんの看板娘が変わっていた。
何の花かわかりません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感