SSブログ
風景・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

葉月 [風景・和菓子]

P1120771.jpg

P1120809.jpg

明日から葉月ですね。
猛暑と天気予報で猛暑と騒いでいますが、京都市内はいつもこんなものだと思います。いつもなら7日から10日まで「五条坂陶器まつり」があります。今年は中止みたいです。
一昨日、病院に行ったけど、新型コロナで結構大変らしい。
8月は、2回眼の手術なんだけど、中止になったりしないだろうな・・・。
別に楽しみにしている訳でもないけど、眼が見えないのが鬱陶しいのです。
眼が見えても文字が読めないから、同じといえばそうなんだけど。

P1510946.jpg
↑鶴屋吉信「ほおづき」

P1520017.jpg
↑外郎、白あん

これからの二週間は、一番暑い時期、それも夕立が降ったりする天気なんです。
暑い、熱中症と騒ぎすぎ。気の弱い人は聞いただけで気分がわるくなるだろう。
よく考えたら、身体は暑いけど、心まで暑くなる必要はない。心は常にクール。
病気でもそうだ、身体は病気でも心まで病気になる必要はない。それに気づけば身体も酷くならないように思う。
病院や薬局で「いかがですか?」と聞かれたら。「いつも元気です」と答える。
それに「ちょっと頭が・・・」なんで答えたら、どんどんマイナスの会話に引きずり込まれる。彼らは、マイナス発想ですからね。
帰る時に「お大事に」といいます。あれもいけません。あれは「(無理だと思うけど)お大事に、きっと一週間も経ったらまた症状がぶり返すから、また来て下さい。まいどあり」という意味なんですよ。
そういう会話に巻き込まれたらいけません。

P1510964.jpg
↑鶴屋吉信「宵待草」

P1510992.jpg
↑焼皮、粒あん

病院なんてできるだけ行かないにこしたことはない。
薬も飲まない方がいい。
病院に行ったら手遅れだと思う。
これからの生き方は、病院に縁のない人生です。
保険は掛け捨てでいい。
どんな病気も死んだら治ります。

P1650269.jpg
↑千本玉寿軒「涼風」

P1650282.jpg
↑わらび粉、黒糖、葛

おかげさまで、暑いのも慣れてきた。汗がうまく出てくれます。ありがたいことです。
でも・・・早く冬になってくれないかなぁ。
京男の快適気温は10度なんです。
昨日の34度なら24度も気温が高い。
はやく冬にならないかな・・・。
せいぜいクーラーをガンガン動かします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 

涼♪ [風景・和菓子]

P1120715.jpg

京都市内は、36〜37度ぐらいの気温。
道路上は、きっと40度ぐらいになっているでしょうね。
でも、ここ二日は、大阪行きが続いております。
屋内や乗物での行動なので、それほど暑さは感じません。
どちらかというとスムーズに汗がでてそれほど辛くない。

P1120720.jpg

呼吸法が舌を丸くしてその空間に空気を通し涼をとりながら歩きます。
マスクをしているから目立ちません。
もっとも屋外を歩く時は、マスクは外します。
大阪では、結構、皆マスクをしていますね。
しかもネクタイ・スーツだったりしてね。ご苦労様です。

P1330205.jpg
↑千本玉寿軒「苔清水」

P1330250.jpg
↑葛製、黒こしあん

大阪市内も新型コロナの感染が広がっているそうです。
どこで、どのように感染しているのだろう?
いまだにハッキリわかっていないのでしょうね。

P1330695.jpg
↑京都鶴屋鶴壽庵「朝顔」

P1330707.jpg

今日は、父親の施設に夫婦で訪問。
書類とかを届けないといけないのです。
私も昨日、区役所に書類の更新に行きました。
役所は、無駄なことをやっているように感じます。

P1330746.jpg
↑葛、紅こしあん

明日は、明石方面だ。
乗物に乗れて嬉しいです。
クーラーは、効いているし、朗読もしっかり聴ける。
快適です。
家のクーラーも休ませることができるしね。
クーラーが古いのでききが悪くなって来ているかも。
なんとかこの夏は乗り切りたい。
顔晴れクーラー君!

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 

引き籠もり [風景・和菓子]

DSC01785.jpg

昨日は、一日自宅でじっとしていた。
京女は、予約が決まっているらしく、四条方面に歯のホワイトニングに行った。
祇園祭とぶつかり大変だったらしい。
久しぶりの山鉾巡行なのでそうだったのでしょう。

DSC01774.jpg

DSC01790.jpg

私は、本日の予定の確認作業をしていた。
今日は、県外からお客様なんです。
しかも車でこられる。車が混まないといいのですが・・・。
雨は降らないと思う。
京都市内は、他の地域と違い大雨から免れているようです。

DSC04514.jpg
↑本家玉壽軒「保津川下り」

DSC04536.jpg
↑吉野羹、白こしあん

宵山の画像を見たけど、すごい人でしたね。
観光で来られる人たちなんだろうな。
地元の人間は、案外行かないのです。
感染?どうなんだろう?他府県同士の方々が京都市内で感染し合い、各々の地域に帰るということなのかな?
結果は一週間後ぐらいにわかる。
急速に増えたら祇園祭の影響なのかも。

DSC06510.jpg
↑鶴屋吉信「沙羅の花」

京都市内は、本日もまだ観光の人がウロウロしているのだろうな。
今日は、予約系はしっかりしているので、多分うまく行くと思います。
観光の皆さんは、食事とかどうされているのだろう?
有名なお店は行列なんだろうか・・・。
京都らしい食べ物が少なくなっているかも。
食べ物には苦労しますね。

DSC06521.jpg

DSC06533.jpg
↑焼皮、粒あん

まあ、皆さん、うまく楽しまれたことでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 

浮き葉 [風景・和菓子]

DSC00125.jpg

DSC00128.jpg

いい季節になりました。
新緑が眩しい。
眩しいからサングラスが必須?緑内障や白内症がありますからね。
まあ、眩しくなったら眼鏡のレンズが濃くなってくれるから問題はそれほどないけど。

DSC00130.jpg

DSC00132.jpg

日焼け・・・私、もうサンダルで暮らしております。
靴下を履くと鬱陶しいというか破れるので裸足が多い。そうなるとサンダルの形に日焼けする。
整形外科の手術の時、足がトラのように焼けていた。結構シビアな手術だったのに、麻酔の所や手術室で笑われた。京男の繊細な心がちょっと傷ついたなぁ・・・。

DSC00133.jpg

DSC00135.jpg

いつも行く東寺境内の蓮がある壕では、浮き葉が出て来ていた。
こういうのが生え出すと、大きくなるのが早いですね。
時間の経つのも早いから、あっという間にお盆になるんだろう。

DSC00140.jpg

DSC00141.jpg

そういえば連休があるらしい。
皆さん、遊びに行く?私は連休に旅行なんかに行ったことがないです。
わざわざ、人の多い、料金が高い時に旅行なんか行きたくない。
そうか、我が家は家族旅行というのはあまりしなかったな。
仕事なら旅行しますが・・・。
観光は、興味ないしね。「観光」って「光を観る」と書きます。それなら家にいても光は観られます。風光明媚な場所でしか光が観られないなんてことはない。
要は、心の問題ね。

P1620022.jpg
↑本家玉壽軒「新緑」

連休で困るのは、業者さんが休むことです。それはちょっと困ります。
そうそう家で仕事をしていると、早朝から作業をしていたりする。業者さんが営業するまで待たないといけない。電話をしてもAIが対応する。あれは不快ですね。生の人間はどこにいった?大企業ほどその傾向がある。

P1620064.jpg
↑きんとん、粒あん

早く連休が終わって欲しいなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 

歩け歩け [風景・和菓子]

昨日21日は、うまく雨に遭わずに帰れた。
散髪に行って置きたかったので、オープン時間に合わせて行った。
本来なら電話をしてから行くのですが、直観で客はいないとはっきりわかりました。
こういう感覚は大切だと思う。

DSC00102.jpg

DSC00104.jpg

散髪から京都駅方面に行く。
やっと足の動きが戻ってきた。
三週間ぐらい寝たきり状態でしたからね。
歩く速度も戻って来た。

DSC00108.jpg

DSC00110.jpg

新緑が多いのが嬉しい。
一番、良い時期かも。

DSC00112.jpg

DSC00114.jpg

一瞬、「今日は弘法市」と考えが開いた。
でもなぜか餅を食べたい気分じゃなかった。
昼から雨が降るしね。
で、京都駅だけで必要な買い物をして、バスに乗って家に帰る。

DSC00116.jpg

家に入ったと同時に雨が降り出した。
こういう雨に遭わない観じも戻った。
傘を持って歩くのはいやですからね。

P1100728.jpg
↑本家玉寿軒「藤浪」

P1100736.jpg
↑きんとん、黒こし餡

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 風景・和菓子 ブログトップ