SSブログ
風景・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

寂しい節分 [風景・和菓子]

P1230345.jpg
↑総本家駿河屋「鬼は外」

P1230417.jpg
↑小豆かのこ、粒あん

今日は、節分なんだそうです。
どうも新型コロナの影響でシーンとしています。
社寺のイベントが中止になっているところが多いしね。
神仏の新型コロナには負けている。
ちょっと悲しい。

DSC05067.jpg

昨日も用事で外出したけど、百貨店の地下は人が結構います。
でも祇園方面は、閑散としている。
観光客が少ないのでしょうね。
今日は、恵方巻を買いに人がいっぱいなんだろうな。
縁起担ぎであんなものを実際にやっている家庭があるのかな?
我が家は、あんなことはしたことがない。

DSC05079.jpg

そういえば豆撒きもやったことがないかも。
どうもあの手のことはしたくない。
邪気除けなら、別にあんなことをしなくてもできますからね。
でも実家近くの吉田神社や須賀神社は、小さい時から行っていた。
今年は、吉田神社は行事をしないらしい。
鬼が出っぱなし?

P1230405.jpg
↑長久堂「福ハ内」

P1230429.jpg
↑上用(山芋入)赤ごしあん

方相氏に会えないのがちょっと寂しいかな。
まあ、また来年なら、新型コロナも終わっているのかな?
それともああいう行事の有り様が変化してしまうのか?
どうなんだろう。
ああいう文化的なことを保存していった方がいいのと違うかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

節分 [風景・和菓子]

DSC07471.jpg
↑本家玉寿軒「厄払い」、節分上用でこのデザインが一番好き。豆をいれる升をデザイン化したものです。

もうすぐ節分ですね。
今年は、一日ずれるらしい。
つまり2月2日(火)が節分。
3日でないのがちょっと腹立つ。
しゃあないけど。
私の誕生日が3日なんです。しかも結婚記念日、しかも京女の母親の誕生日も3日。
目出度い日なんです。

DSC07500.jpg
↑上用、こしあん

今年は、誕生日が立春というのもいいのかな。
でも結婚記念日と義母の誕生日で、結局、自分よりお祝いをしないといけないということになってしまいます。
まあ、誕生日といわれてもあまり嬉しくもないですけど。
亡くなった妹が1月1日なんです。元旦生まれというのもうれしいような・・・微妙ですね。まあ、憶えてもらいやすいけど。

DSC08641.jpg

小さい時、自分の誕生日記念で吉田神社でお祝いしてくれていると思っていた。
屋台がずれっとならぶのが嬉しかった。
禁断の屋台食を食べられるしね。
怪しい串カツなんかも食べていたっけ。「芭蕉せんべい」なんかも好きだった。
ご存知ですか芭蕉せんべい。
そうそう酒饅頭も好きだった。蒸したてが美味しかった。
近年は、吉田神社でなく弘法市の方で店を出したはった。
でも今年は、両方とも中止。
コロナの影響は厳しい。

DSC08648.jpg

今年中にコロナ騒ぎは収まるのかな?
節分の行事をしっかいしないと鬼が暴れ放題になるかも。
百貨店を見ていると恵方巻の予約が好調らしい。
みなさん、巻き寿司を食べているのだろうか?
大阪の海苔組合だったかな・・・が考えたことで、なんの御利益もないと思うのですが、なんであんなことをするのだろう?不思議で仕方ない。
バレンタインもだけど。

DSC08655.jpg

DSC08660.jpg

鬼って自分の心の奥底にいるのだと思います。
縁がないから出てこないだけ。
変な縁に触れないようにした方がいいと思う。
邪気というか鬼は、陽気と笑いに弱いと思います。
なんでもいいから大いに笑いましょう!
例え可笑しくなくても。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブック型PC検査入院 [風景・和菓子]

DSC08712.jpg

といっても人間様ではない。
ブック型PC君のことです。
一昨日の夜、急に起動しなくなった。
どうやってもだめ、ヘンテコな音がするのです。
調べるとメモリやロジックボード系のトラブルらしい。
もう十数年使っている。外見をみても全然古くなく見える。

DSC08728.jpg

ひょっとして老衰?人間ならお歳ですから・・・と言われてもおかしくないのです。
同じシリーズの全く同じブック型も売っている。
仕様とみるとどうもよくないのです。新しい方がいいと思うでしょ。違います。
昔の方がよかった。
OSの影響もあるのだろう。どうも表示が気に入らない。
私が欲しい仕様にカスタマイズするのに一ヶ月近くかかるらしい。
国内の在庫はなく、受注してから海外で組み立てるらしい。
どうも最近、合理化が進んでいる割りにトロイ!

DSC08729.jpg

そこまで調べ、修理という選択肢を考えた。
で、久しぶりにPCの病院に行った。
もちろん昔あったお店はもうない。
新たに探した。
うまくやってくれそうなお店を探しました。

DSC09129.jpg

昨日、モノを持って行った。
想像通りの故障状態。
取りあえず預けて診断し、修理できるか、できるならどのぐらいの費用が必要かを観てもらうことになった。
人間様の病気に比べ、単純なのがいい。
予算も大体想定しているので収まると思う。

DSC09137.jpg

無いと不便ですからね。
重要な作業はしていないのですが・・・。
さてどうなるか?
だめなら気に入らないけど、新を購入すればいいのです。
昔と違ってものすごく気楽。
たかがPCですから。

P1060981.jpg
↑総本家駿河屋「水仙」

昔なら、自分でパーツを取り寄せ、自分で修理していました。
予備のパーツも買ってありましたかね。
いまは、そこまで拘りません。

P1070020.jpg
↑煉切、白こしあん

後は連絡待ちです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [風景・和菓子]

ここ数日、桜が咲くシーズンのような気温だった。
気の早い桜なら咲いてそう。
新型コロナが流行っていても植物は関係なく気温に反応して咲く。

DSC04645.jpg

DSC04649.jpg

いつもの智積院境内にも梅があり、もう咲いていた。
あまりいい香りはしないけど、咲いているのを観るのはいいものです。
御所の梅苑なんかも咲いてきているのかも。
行きたいけど、なかなか行けません。

DSC04651.jpg

DSC04654.jpg

カメラを持って歩くのですが、写真を撮る気持ちになれない。
なんだろう・・・。
不要不急云々はあまり関係なく動くのですが、どうもゆったりとした気持ちになってないのかも。

DSC04657.jpg

DSC04659.jpg

そうこうしている間にきっと節分になるのだろう。
ただ、今年は吉田神社の節分も中止らしい。
なんかねぇ・・・寂しい限りです。
ああいうイベントを中止したからといって感染が防げているのだろうか?

DSC04663.jpg

DSC04664.jpg

京都市内の場合、行事というかイベントが中止になるとどうも季節の移り変わりが感じられない。
ああいう行事で季節の移り変わりを感じていたのでしょうね。
今年もすくなくとも半年はこういう状態が続くのだろう。
下手するとオリンピックも中止になったりしてね。

P1060314.jpg
↑本家玉寿軒「紅梅」

P1060329.jpg
↑こなし、白あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水泉動 [風景・和菓子]

1526326_639375366118572_42.jpg

風が冷たいですね。

DSC00775.jpg

DSC00779.jpg

「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」という言葉があります。
これは、暦の言葉です。
地中から湧き出る泉のことだそうです。地中では凍った泉が動きはじめ、かすかにあたたかさを含んでいる頃なんだそうです。
でも地上は、いま一番寒い時期になってきている。

P1180796.jpg
↑千本玉寿軒「雪輪」

P1180824.jpg
↑上用、こしあん

私の部屋は、暖房をしていないから外と同じだから外にいる時と同じ服装をしております。でも私としてはそれが一番快適。キーボード操作する指が凍えなかったらOK。
実家にいる父親は、とても寒がります。高齢になると筋肉が落ちてくるからそうなりますね。脂肪がいっぱい身体についていても熱は発しませんから。
だから寝るときの布団の温め方を指導しています。寝る一時間前に布団乾燥機を動かし、布団全体を温めて寝るのが一番かも。
イギリスの細長い湯たんぽなんかもいいかも。でも父親は、あの湯たんぽにお湯を入れられるかな?そらが問題かも。

P1230238.jpg
↑長久堂「冬の紅」

私の子供の頃の京都市内は、いまよりズッと寒かった。
いわゆる「京の底冷え」です。
暖房機は、火鉢と掘り炬燵ぐらいだった。
家は、隙間だらけだったから、寒い風が部屋に入ってきた。
手や耳、足の指も霜焼けだらけだった。
最近の京都市内は、温かくなりました。温暖化のお陰です。もっとも夏はビックリするほど暑くなりましたけど。

P1230289.jpg
↑きんとん(山芋入)、粒あん

そういえば本日は、成人の日らしい。
我が家では、カスミもしない日やね。
私の回りの人間で成人式に行った人はいないのです。
行くという発想が皆無だった。
なにが面白いのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 風景・和菓子 ブログトップ