SSブログ
社寺・和菓子 ブログトップ
前の5件 | -

新緑パワー [社寺・和菓子]

DSC07543.jpg
↑東福寺臥雲橋

DSC07506.jpg

早朝と昼間の気温差がすごい。
服装がとても難しい。

DSC07500.jpg

DSC07499.jpg

DSC07501.jpg

さて東福寺の臥雲橋からの眺めです。
京男は、臥雲橋からの景色が好き。
ここは、紅葉時にすごい人になります。
でも新緑のシーズンは、観光客が少ない。
ついでにいうと紅葉の時、近年あまり綺麗じゃないように思う。
どうも気温の影響なんだろうか?

DSC07545.jpg

私は、新緑が好きですね。
向こうに見えるのが通天橋。

DSC07513.jpg

いつもなら連休後が綺麗なんですが、今年は早いですね。
もう少しゆっくり季節が進めばいいのに・・・。

DSC07514.jpg

ここの撮影は、時間が大切。
光の回り方のいい時間があるのです。

P1620022.jpg
↑本家玉壽軒「新緑」

P1620064.jpg
↑きんとん、粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そろそろ梅ですね [社寺・和菓子]

DSC07402.jpg
↑京都鶴屋鶴壽庵「捻梅」

京都市内では、三寒四温というような状態が続いている。
寒い寒いという声はよく聞きます。
どこも換気していますからね。
屋内や交通機関でも油断をすると寒い風が入ってくる。
病的に窓を開けるおばさんがいたりします。あれはなんなんだ。そんなにコロナが怖いのかな?ああなると一種の病気状態なのかも。

DSC07424.jpg
↑こなし、白あん

報道でもそうですね。
観ている人を不安がらせて視聴率をあげようとする。
あれも真面目に観ている人が結構いるのにびっくりします。
我が父親なんかもそうです。
私が詳しく解説しても息子のいうことなんか信じませんからね。
困ったものです。

DSC09244.jpg

DSC09251.jpg

DSC09257.jpg

外に出ると結構暖かいですよ。
私だけかな・・・。
ホントはもう少し寒くてもいいのですが・・・もう1ランク上のダウンジャケットを着られないのが寂しい。下手の着ると大汗をかきますからね。

DSC09245.jpg

DSC09248.jpg

近所の智積院境内では、チラホラ梅が咲き出しています。
ここは八重が多いけど、これだけ咲いてくれれば文句は言えません。
無料ですから。
人も居ないしね。

DSC09259.jpg

いつもいつも楽しまさせてもらっています。
これだけの境内の植物の手入れって大変だろうな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東寺風景3 [社寺・和菓子]

DSC04613.jpg

大きなお寺って建物がすごいですよね。
いまの建築の道具を使ってもこれだけの建物を作るとなると大変だろう。
昔の人がこれらの建物を作っている所を見学してみたいものです。
きっとすごいのだと思う。

DSC04618.jpg

DSC04623.jpg

DSC04625.jpg

図面ってどうなっているんだろう?
それを元に木材を用意し、組み立てて行く。
信仰の力もあるのだろうな。

DSC04628.jpg

後500年ぐらい経ったらどうなっているのだろう?
その時代の東寺の境内を散策している自分がいるのかも。
私と未来を隔てているのは時間だけ。

DSC04631.jpg

清水寺に行くともっとそれを感じる。
昔、来たことがあるような気がするのです。
古い社寺って、そういう気持ちにさせてくれるから面白い。
数代前のご先祖たちもやっぱり遊山に来ていた。

P1060676.jpg
↑中村軒「椿もち」

P1060693.jpg
↑道明寺、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さざれ石 [社寺・和菓子]

DSC00351.jpg
↑下鴨神社

神社にいくと「さざれ石」というのがよくあります。
「君が代」の中にでてくるさざれ石です。

DSC00358.jpg

さざれ石は、もともと「小さな石」の意味。
長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム(CaCO3)や水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化した「石灰質角礫岩」となります。
こう書くとロマンチックな雰囲気がなくなりますね。

DSC00353.jpg
↑下鴨神社のさざれ石

そうそう私も身体の中で石を作ることができます。
小さな石が体内でダンダンそだってエライことになる・・・。
一番大きな石は、15mmぐらいの大きさの石ができた。
それぐらいの大きさなら動いて痛くなることはない。
そのかわり腎臓が倍ぐらいに腫れて入院となりました。
いわゆる「結石」です。(笑)

DSC00357.jpg

そういえば最近、結石の発作はないですね。
ひょっとして頻尿だからかなぁ?
それとも食べ物か?
以前は、オリンピックのように四年に一度ぐらい、石が出来て苦しんだものです。
オリンピックの年になると発作をびびっておりました。

DSC09692.jpg
↑嘯月「さざれ石」

DSC09733.jpg
↑粒あん、あわ羊かん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の一日 [社寺・和菓子]

DSC01655.jpg

DSC01657.jpg

写真的には、昨日の東寺の秋風景。
昨日は、一日雨だった。
本来なら父親と外食日だったけど、電話をして雨だから中止にしました。
雨の日に杖で歩くのは危ないですからね。
もっとも父親は、雨の日の杖は危ないと自覚しえいない。
経験でしょうね。私は、すべって危ないことになった経験があるからアドバイスしるのですが・・・。

DSC01664.jpg
↑カメが寝そべっていました。何をしているんだろう?

食事でも今流行の出前システムを使って・・・使える訳がない。
あれは、キャッシュレスとスマホが前提だから、高齢者には無理。
GoToo○○だって、私でも無理です。
スマホで予約して、キャッシュレス決済なんて無理。
一部の業界だけが得をするのはちょっとおかしい。
ポイント還元もねぁ・・・そこまでして外食したいくない。
それより交通費や飲食費の消費税をゼロにしたらいいと思う。
ポイントなんてややこしいことをしなくていいのです。
旅行なら家族割りでいいのではないかな?

DSC01667.jpg

経済を活性化しないといけないのはわかるけど、複雑怪奇なのはよくない。
本当に困っている人は、参加できないようになっているように思う。
なんか変。
一部の業界だけ対応している。
国にたかろうとする国民も卑しい感じがする。
もっと誇りをもって生きたいものです。

DSC01671.jpg
↑コムラサキ、良い名前をもらっていますね。

DSC01673.jpg

週末は、台風が近づいてくるそうで、雨の週末。
台風が近づくから蒸し暑くなる?
とれもと寒くなる?
雨だと野外を歩く人が少なくなるから、屋内の人が多くなる。
新型コロナの感染が広がるかもね。
欧米では、また感染が広がっている。
日本は大丈夫なんだろうか?
台風がウイルスを吹き飛ばしてくれるといいなぁ・・・。

DSC01676.jpg
↑この紫の実、食べられるらしい。美味しくはないらしいけど、次回味見をしてみよう。

これから冬になっていき、寒くなったらどうなるのかな?
空気が冷たくなるとマスクで眼鏡が水蒸気でくもります。
あれ、妙に鬱陶しい。温かいのはいいのですが・・・。
温かい帽子が被れるのが嬉しい。
手袋も。

P1360307.jpg
↑本家玉寿軒「紫式部」

P1360311.jpg

鍋物も美味しい季節になりましたね。
家でゆっくり鍋物、お風呂を温泉化したし、ゆっくりお風呂にはいって、テレビなんかつけないでユックリ寝るのが一番。

P1360375.jpg
↑上用、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 社寺・和菓子 ブログトップ