So-net無料ブログ作成

軒先の魔除け・・・端午の節供 [風景・和菓子]

気づいたら今日は端午の節供ですね。
男子の節供ということですね。
我が家は、一応男子はいますが、やった覚えがない。

P1070283.JPG

昔は「馬(午)の月」である五月が邪気を祓う月と考えていた。
この考え方は中国の風習でした。
日本では、ちょうど田植えの時期と重なって農耕儀礼でした。
それが江戸時代ぐらいから男児の成長を祝う節供となったようです。

P1070279.jpg

菖蒲(しょうぶ)が活けられているのを京都で見かけます。
京都の町家の軒先に菖蒲と蓬(よもぎ)を挿したり、菖蒲湯に入ったりする。
菖蒲の葉のように香りの強い植物は、古くから魔除けの力がある。
ヨーロッパでも軒下にニンニクを吊したりするのも同じことかも。
(京男に対しては効力がない対策やね)

P1070286.JPG

そういえば菖蒲湯に入ると身体がホカホカしますよ。
病気という悪い魔を避けるのがなんとなくわかる。

P1070282.JPG

京都でも軒先に菖蒲と蓬を飾るのは、もう旅館の炭屋さんぐらいかも。
通る人もあまり興味がなさそう。
知らないんだろうなこういう習慣。

P1060635.JPG
↑京都でよく見かけるでしょ。屋根の上の鍾馗さん。

京都の端午の節供は、鍾馗(しょうき)さんの旗とか掛け軸を床の間に飾るだけだったそうです。
武者飾りは本来飾らないと思います。
武者は江戸で、京都は公家の世界だからなんです。

P1020562.JPG

「鍾馗さん」はご存じかな?
町家というか屋根のところにある人形です。
鍾馗さんは、邪鬼を追い払ってくれのです。
唐の玄宗皇帝が病に伏した時、夢の中で鬼が楊貴妃の宝物を盗もうとしたところ、そこに出てきてその鬼をボコボコにやっつけた伝説の英雄といういいすたえのある存在なんです。だkら疫病神を祓う力が強い。

P1020564.JPG

鍾馗さんと同じ鬼に強い存在で「清水次郎長」がいます。
そのものズバリ「鬼より怖い」。
お粗末様でした〜。

P1110950.JPG
↑長久堂「柏餅」

P1110967.JPG
↑こしあん

P1110980.JPG
↑味噌あん

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0