SSブログ

液晶面に触れなくてもいいんだ! [モノ]

DSC08053.jpg
↑トラックパッドをペアリングしてみた。キーボードとトラックパッドは、MacBook Airで使っていたものの流用。

昨日も治療日でした。
背中〜肩〜首のコリを鍼灸治療してもらいました。
鍼と灸を合計100カ所施術。
一昨日に行った整体的治療とはまた違うアプローチ。
ここ一ヶ月ぐらいのiPad miniの設定で凝ったカ所です。
自分で凝っているのがわかるのですが、毎日行っているトレーニングでは解消しきれなかった。
整形外科的なアプローチでは、なかなか解消できません。
昨日は、京女の足のマメもお灸でとってもらいました。マメやタコも鍼灸的に処理すると綺麗にその場で解消できるのです。しかも痛くない!父親もよくタコをとってもらっています。
皮膚科でいうと液体窒素で焼くという処理と同じかな。

DSC08048.jpg
↑トラックパッドを使うとディスプレイ上に薄い●が出て来ます。クリックもできます。これはいいかも。

DSC08057.jpg
↑赤い○で囲った薄い色の●がポインタ

昨日は早朝からiPad miniでフォラックパッドを使えるようにした。
こうすると液晶面を触らないですみます。

DSC05815.jpg
↑和くら「チキン南蛮定食」

まだまだ、知らない機能があるのだろうな。
ATOKもインストールし、ユーザ辞書も一部登録しはじめました。
Kindle版の本もうまく読めるようになりました。固有名詞を読み間違うのはご愛敬。でもみんなで辞書を鍛える仕組みを考えたらいいと思いますね。
そうかルビがふってある漢字は、ルビを読み上げるようにして欲しい。

DSC05816.jpg

目の動きでポインタが操作できたらいいのに・・・。
技術的にできそうに思うけどな。
視力が弱い人、手作業がうまくできない人、耳が聞きにくい人・・・つまり高齢者にこういう道具が自由に使えるようになるといいと思います。

DSC05819.jpg
↑鶏天と野菜の黒酢あんかけ定食

家ならテレビを大きなパッド?にすればいい。
テレビなんて最近観ませんからね。
ネットで十分。
高齢者は、テレビと新聞が情報元なんです。
だから情報ギャップがあると思う。
テレビでテレビ会議、診療を受けたりできるといいのかも。
コロナ後の社会は、そうなっていくかも。

DSC05821.jpg

電話だってガラケイでBluetoothでイヤフォンが使えれば、それでいいのかも。
高齢者が取り残されないようにして欲しいと思いますね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノイズキャンセリング [モノ]

昨日は、所用があり外部出力センターに行く。
市バスと徒歩の間、朗読を聴きながら移動した。
聴く本がたくさんあります。早聴きモードで聴いている。
昨日は、本一冊分を聴きました。

DSC08029.jpg
↑上から「コントロールセンター」という機能が表示されます。

このAirPods Proというヘッドファンは、ノイズキャンセリング機能がついています。野外の騒音をクリアにしてくれる機能なんです。そんなに珍しい機能ではないのですが、ここまでコンパクトになるとはね。
BOSEのクワイアットコンフォートを歴代使っていたのです。
入院した時、シーンと静かになるのが重宝していました。病院、それも重症な時は、看護師詰め所近くなのでうるさいのです。

DSC08032.jpg
↑白と黒は、音の大きさ。下の項目でノイズキャンセリングを切り替えます。

AirPods Proでどうやってノイズキャンセリングを操作するのか疑問だった。
バスで装着する時、iPad miniサイドで自動的に反応してくれました。
これにはビックリ。

DSC08035.jpg
↑AirPods Proからイヤフォンを取り出すとこのように知らせてくれます。

しかもボリューム調整を触るとノイズキャンセリングのコントロールできるようになった。
「ノイズキャンセリング」「オフ」「外部音取り込み」と切り替えできます。
外部音取り込みも必要ですよね。
なお、この作業は、Siriを呼び出して命令すると実行してくれます。
iPad miniは、カバンの中に入れたままの状態なんです。
音量を下げる、上げるも、AirPods Proをしたまま話せばいいのです。ちょっとカッコ悪けど。
その他、音声メモなんかもできるようです。
これは、すごいかも。

DSC08046.jpg
↑左がAirPods Pro、右がLightning - VGAアダプタ

次はLightning - VGAアダプタです。
これは、iPad miniとテレビやディスプレイ、プロジェクタと接続します。

DSC08040.jpg
↑右側の穴は、Lightningでプロジェクタと接続している時、iPad miniの充電ができるようです。これは大切な機能です。

これがあれば、プロジェクタでiPad miniの画像を映し出すことができる。
ネット画面を見せることがでる。
出先のモニタやプロジェクタが動くかどうかはわかりません。

DSC08042.jpg
↑小さいので気軽に持っていけます。いろいろ実験しないといけないでしょうね。ぶっつけ本番は危険。

これで、なんとか使えるようになったようです。
まだ、個々のソフトの使い方はわかりません。
マニュアルはネットで調べないといけないようです。
まあ、サポートに電話という方法もあるけど。

苦闘は続きます。
なんのことか分からなくてすんませんなぁ・・・。
私のための記録なのです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい相棒 [モノ]

iPhone3GSがそろそろ限界になって来ていた。
OSをアップしなかったというのもある。特殊なアプリが新しいOSになると対応していないというのもあった。
バッテリーも限界だった。
iPhone3GSを管理していたMacBook Airも急にお亡くなりになった。
メモリ・ロジックボード・バッテリーが老衰でした。外見は新なのに・・・。
キーボードも外付けで使っていたので、無傷状態だった。
でも使えないからしかたない。
AppleWatchもだめになった。バッテリーが内部で膨張し、液晶パネルを押してハマグリのフタが開いたような状態でだめになった。これって不良品と違うのかなぁ。ネットで調べるとメーカーは取りあってくれないらしい。なんか腹立ちます。

DSC08016.jpg
↑これが新しいスタッフ、キーボードは余っていたモノです。一応純正品。

そろそろスマートフォンも嫌になり、会話は昔の携帯電話に番号をいれて使っている。会話をする上でなんの不都合もない。ただワイヤレスのヘッドセットが使えないのが欠点かな。まあ、私の携帯に電話をしてくる人は少ない。
これでスマホが誤作動で電話を掛けたりする心配がなくなった。

DSC07992.jpg
↑持ち歩き用のケースは、国立商店の革ケース。ブリティッシュグリーンのブライドルレザー。ブライドルレザーは英国Thomas Ware & Sons 社製。素晴しい!

本来ならMacBook Airの新しいモノを購入するのがいいのかもしれないけど、実物を見ると以前のバージョンの方が優れているのがわかった。
でiPad miniにした。
本の朗読を聴くこととKindle版の本をOSの読み上げ機能を使って読み上げてもらうのが目的。LINEも少々使用。スケジュール管理、メモ、Evernote、リモートカメラ、写真も少々・・・それぐらいかな。

DSC07996.jpg
↑これがAirPods Pro

iPhone3GSかのデータが引き継げないので、すべて一から設定しております。
まだまだ使い方がわからないことがある。
昨日は、アクセシビリティ〜VoiceOverの切り替え作業をコントロールセンター機能で一発で出来る方法を試した。これが出来ないとKindle本を読み上げてもらうことができない。Kindle本は、古い廃盤になった本が出ていたりするのです。
これを読めるのは素晴しい。
私の著書『和菓子』だって出版されていた。いつでもiPad miniの中に入れて持ち歩けるのがいい。百冊近い本が納められるのはすごい。

DSC08003.jpg
↑蓋を開けると自動的に接続してくれます

サピエ図書館からダウンロードした朗読データも新しい「ボイスオブデイジー5」というソフトで直接ネット上の図書館からダウンロードできるようになった。これでiTunesと縁が切れる。音楽も聴かないしね。

DSC08019.jpg
↑この機能も素晴しい。今回一番したの左から2番目のアイコンを押すと一発でVoiceOverに切り替わるようになった。まあ、こんなことは普通必要ないでしょうけど。

朗読を移動中に聴くために、AirPods Proを購入。いままで使っていたBOSEのイヤフォンのバッテリーがダメになっていたのです。
このイヤフォンの良さは、ノイズキャンセリングが自動的に機能してくれるのです。だから音量を小さくしても聴ける。耳に負担をかけたくないのです。
問題は、ケースから取り出す時に滑って取り出せない点かな。スーパーのビニール袋も開くのが難しくないですか?私の指先ではすべります。これは若い世代では問題ないだろうけど、私には無理なんです。

DSC08027.jpg
↑Kindle版で拙著『和菓子』があったので買ってダウンロードしました。

AppleのPadやブック型PC、デスクトップPCに搭載されているFaceTimeやLINEを使えば会話ができるのでAppleの製品同士なら話しもできる。
もちろんAirPods Proも使える。

DSC08028.jpg
↑こういうのがいつでも観れる。しかも重くないしね。本だとそうはいきません。

Apple Pencilという奴もうまく使えば簡単な手描メモも作成できる。
それとLightning - VGAアダプタでテレビやディスプレイ、プロジェクタと接続して出力することができるようです。
なんかの時に役に立つかも。
もう重たいブック型PCを持ち歩かなくてもいいかも。
研究課題かな。

まあ、まだまだ悪戦苦闘は続きます。おそらく何を書いているのか分からなかったと思います。すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

眼鏡極道 [モノ]

一昨日、奈良に仕上がった眼鏡を取りに行った。
今回奈良のDEER GLASSESで作った眼鏡が3本目。
多田羅さんにお世話になっています。
京都市内にあった眼鏡研究社が閉店し、探したのがここでした。
長年眼鏡研究社で作った眼鏡のメンテナンスも快く引き受けていただいています。
自分に合わせるだめにパーツを少しずつ調整して作った眼鏡群のメンテナンスは重要な課題だった。
多田羅さんとお話しすると眼鏡研究社の玉垣さんから「京都のこの場所でお店をやらないか」とお誘いがあったそうです。でも新京極の蛸薬師は、京都市の真ん中でいい場所ではあるのですが、人通りも多く、落ち着いて眼鏡を作っていられない。静かな環境で作業がしたいということで断られたらしい。
それでいいように思います。
奈良は、遠く感じるけど、時間は大阪と同じなんです。
しょっちゅう行く訳でないからいいのかな・・・と最近思うようになりました。

DSC07910.jpg
↑上/DEER GLASSES、下/眼鏡研究社

私の眼鏡は、明治時代の眼鏡スタイルなんです。
鼻パッドがなく、眼鏡のブリッジを鼻で支える構造になっています。
テンプルもずれないようになっている。
乱暴に取り扱えないけど、慎重に扱う必要があります。
鼻に眼鏡が食い込むので型がつきます。それも慣れかも。
フレームの各パーツを自分の顔に合わせました。
これで大丈夫というまでかなりの年月が必要でしたね。
以来、私の顔の一部になっております。

DSC07893.jpg
↑レンズに独特のコーディングが施してある。角度によってマークが見える。

今回、外出用の眼鏡を作りました。
フレームは、眼鏡研究社の玉垣さんに作ってもらったものです。
遠近両用のレンズで紫外線の量に応じて色が変わるレンズが入っていた。
最近、白内障と緑内障なので視力がかなり危うくなってきた。
白内障の手術という話しもあるにはある。
手術のチャンスは一回限り。
慎重にしないといけません。
白内障の手術のレンズも遠近両用だとまだ1枚60万ぐらいするらしい。
両目で120万!になる。

DSC04851.jpg
↑DSC-RX1Rと外付け光学ファインダー

DSC04852.jpg

外出先で書類を読むなんてことは、よく考えたらないのです。
大体、脳出血の後遺症で読字障害になっていますからね。
そこで、レンズは単焦点にしてシンプルにした。
遠近両用レンズって階段とか怖いのですよ。若い世代には分からないことですね。
レンズをZEISS社製にした。
この会社は優秀なレンズを作ります。

DSC04856.jpg
↑覗くだけでなんの機能もない。でも明るくクリアの景色が見える。

名前は昔から知っていたけど、実際に接したのは、サイバーショット DSC-RX1RやのDSC-RX100M3のデジカメでした。その外付け光学ファインダーでクリアさに驚いた。明るく見えるのです。外付け光学ファインダー自体は、見えるだけで結局あまり活躍していませんけど。
でもクリアな感じが忘れれないので眼鏡のレンズにすることにした。

DSC07913.jpg
↑純正の曇り止めキット

今回、マスク対応でメーカー純正の曇り止めを手に入れた。
寒い所に出ると眼鏡が曇りますよね。
私は、あまり行かないけどラーメン屋とかに入ると視界が・・・眼鏡をしている人間の問題点。
これをできるだけ起こらないようにしたかった。
専門家に曇り止めの塗り方を教わりました。
一回すると二日は行けるらしい。

レンズは、紫外線に反応して色が濃くなるレンズにした。
従来ならグラーやグリーンだったけど、今回はブラウンにする。
ブラウンが一番目に優しいらしいのです。
さて、どうなるか、外出して実験してみます。

なんか眼鏡に異常に拘っていますね。
若い世代にはわからないでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:モノ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

必要だよねぇ [モノ]

DSC07842.jpg

DSC07841.jpg

昨日は、実家デーだった。
まずこれが届いた。
父親用の体温計。

DSC07846.jpg

DSC07850.jpg

高齢の父親では、体温計の音が聞こえないのです。
しかも視力的に液晶が見えにくいらしい。
この体温計は、
・大きくて持ちやすい
・検温完了の音が高齢者に聞こえやすい音になっている
・液晶が大きく、バックライトが点灯
・検温完了を振動で知らせてくれる
・抗菌らしい
・防水
・約30秒(予測検温)
という優れものなんです。

DSC07858.jpg

DSC07867.jpg

高齢者が使い易い設計ですね。
スマホや携帯電話もこういう工夫が欲しいものですね。
びっくりするようなことが操作できない場合があります。
昨晩、京女と2人で食事に行ったのですが、食堂のチケットを買う操作がわからなかった。もちろん私は食券を買うのに苦労します。機械を設計する人は高齢者が操作することも考えておいた方がいいですよ。券が買えずに店を2人で出ました。店員が説明してくれないのです。教育が悪い店でした。

DSC03331.jpg

それと河原町通を夜、久しぶりに歩いた。
街のあまりの暗さに驚きました。
閉まっている店が多く、通りがとても暗い。
人通りもすくない。金曜日の夜の河原町通としては暗すぎる。
しかも食べの屋が焼肉屋が多すぎる。京都名物がいつのまにか焼肉になっている。
京都も落ちぶれたものです。

DSC03333.jpg

歩いている若者たちも貧相な服装をして、貧乏臭いことおびただしい。
不景気にはなりたくないものですね。
私の20歳代とエライ違いだ。

昨日は、実家でお風呂の改造をしておりました。
そしてテストでお風呂を沸かし、父親にゆっくりお風呂に入ったもらった。
嬉しかったみたいです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感