SSブログ

扇子は大切な道具 [モノ]

暑くなると扇子は必須です。
別に舞踊家とか落語家ではないですけど。
京女と違い、立ち止まると顔から汗が吹き出す。
京女は顔から汗がでないらしい。暑いけど暑そうに見えない。良いのか悪いのかわかりませんけど。

DSC09315.jpg

さて、これは新しく採用した扇子ケース。
竹の工芸よしだの吉田佳道さんの作品です。
素晴しいお仕事をされています。

DSC09293.jpg

実物は、惚れ惚れするのです。
軽くて丈夫、カバンの中に入れても扇子が傷まない。
竹を編んであるので、軽い。よくこんな細工ができるものですね。
編んで仕上げは漆なんす。

DSC09295.jpg

DSC09291.jpg

これは、元々何かというと煙管入れらしいのです。
煙管いいなぁ・・・。
煙草を吸いたくなります。
煙管は未経験なんです。煙管の専門店を知っているのですが、怖くて入れない。もしもいい煙管に出会ったら、手に入れたくなるし・・・。

DSC09282.jpg
↑扇子は「百鬼夜行図」この中に京男もいるのかな?

DSC09337.jpg

京男の扇子は、七寸五分で15本骨が好き。
落語家仕様ですね。
開く加減が好きなんです。
ケースから取り出し、ゆったり扇子を使う。
涼をというより心を豊かにしてくれる。頭を熱くしないことが大切ね。

DSC09328.jpg
↑上がオーストレッグ(ダチョウの脛革)で作ったもの。丈夫な革です。

今年は、新しい扇子を手に入れていない。
このケースとバランスを取るため、優雅な絵面の扇子が欲しくなっています。

DSC09324.jpg

昨年のケースは、オーストレッグで作ったケース。
これもまだまだ働いてくれています。
丈夫さからいえばこちらかな。

DSC09353.jpg
↑上が印伝製、私好みのトンボ柄、下が銀を塗った皮だったかな、煙草の葉も収納できます。今風の筆パンがあると収納できるのにね。筆ペンカバーを作ったらいいかも。課題です。

以前のケースは、印伝のケース。
それと煙管入れ仕様のもの。
和的な服装の時は腰から下げます。

DSC09344.jpg
↑128GBメモリ、LightningコネクタでiPhone・iPadに使える

DSC09350.jpg
↑反対側がCSB3.1コネクタでMacやWINに対応。

それから、最近採用したメモリ。
PCとiPhoneに使えます。
画像の保存に便利です。
もう少し書式が対応してくれるといいなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:モノ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

孫の手ブラシ [モノ]

DSC09015.jpg

父親から連絡が電話があった。
用件がいろいろあった。
その中で「背中が痒くて寝られない」というのがあった。
実家の時に「孫の手ブラシ」を渡していたのです。それが欲しいと言う。
確かに、高齢施設に入所する時、持っていかなかった。
実家から救い出してきたのですが、必要とする人にあげたのです。
もちろん、こんな優秀なものは、私も使っている。ないと困ります。
仕方ないので、新しいのを購入した。
その紹介が本日の記事。

DSC08977.jpg

私が2011年夏に家の中で痙攣を起こし、意識がなくなり、舌を噛み、顎関節が折れ、骨盤に右脚がめり込み。救急搬送。その後、長期の病院、リハビリ生活が2年ぐらい続いた。
そんな経験があるので、背中が痒くてけど背中を掻けない苦しさはよく分かる。
お風呂に入る時のブラシが必要だった。
背中を掻くのに最適なのが、本日の紹介の「孫の手ブラシ」でした。

DSC08973.jpg

DSC08975.jpg

なんでもないブラシなんですが、これ以上のものはないように思う。
もちろん、若い女性に掻いてもらうのがいいだろうけど・・・。

説明書きを書きうつしました。

◆「江」孫の手ブラシ
 孫の手ブラシは、しなやかで弾力性にとんだ馬の尾毛をしようしています。化学繊維を一切使わずに、天然の素材にこだわって丹念に仕上げたブラシです。
 また、ハンドル(木材)部分には古くから高級家具材として愛用されている檜を使用しました。
 背中を掻く目的で製作した孫の手ブラシで、肌を傷めずに心地よい掻き心地が特徴です。
 グリップから毛先の曲線は、人間工学に基づいた背中のラインに合わせ、かゆい所へ毛先が届くように設計されています。

DSC08987.jpg

《お手入れ方法》
・毛が汚れた場合は、濡れたタオルなどで軽く拭き取ってください。
 その後、乾いたタオルで良く水分を拭き取ってください。
《ご使用上の注意》
・本製品は背中掻き専用のブラシです。その他の目的でご使用にならないでください。
材質 ブラシ:天然毛(黒馬毛)、木地:天然木(檜)
サイズ(約) 長さ39.5×幅4.3×厚み3.5 重さ75グラム

背中を掻くブラシっていろいろあるけど、ここのがいいと思います。
値段も2200円ぐらいだしね。
「江戸屋 孫の手ブラシ」で検索したお店で買うといいでしょう。私はそうして手に入れました。

DSC08993.jpg

DSC08998.jpg

父の日に最適な逸品かも。
一昨日、父親に届けたので、きっと満足していると思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

インク [モノ]

久しぶりに万年筆で使っているモンブランのインクがなくなって来た。
そう書くと文章を書いているから?といわれそうですね。
私はアイデアスケッチとかに使っています。悲しいかな文字ではあまり使いません。
というか書きにくいのです。読字障害がこんな所に影響でている。

DSC08492.jpg

でも万年筆は好きなんです。
昔からなんです。
本当は墨と筆がもっといいのだろうな。

DSC08493.jpg

インクを買いにモンブランのお店に行くのが億劫でした。
モンブランってもう文具だけのお店でないですからね。
店内に入るとき「ご予約は?」と言われそうだしね。
ROLEXのお店に行った時、店内に人がいないのにそう言われた。ちょっとムッとした。コロナ対応なんでしょうね。お前らみたいな氏素性が不明な者を簡単に立ち入れない場所なんだここは!という態度。
なんでしょうね。

DSC08502.jpg

DSC08500.jpg
↑私は古い瓶の方が優雅に感じました

だから通販で買った。
通販は、慎重にしないと偽物を掴まされるリスクはある。

DSC08518.jpg
↑下にあるのが万年筆

で、送ってきたのがこのインク。
わかっていたけど、実際に瓶をみるとガッカリした。
私は、前の方がいいと思った。
私の独断と偏見かもしれないのですが・・・。

DSC08520.jpg

なら、古い瓶を洗って、新しいインクを詰めたらいいのです。
そうしようと思った。
ブランドの人って、万年筆を使っているのかな?文具が好きなのかな?
まあ、新しい万年筆を買うことはないから問題ないと思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:モノ 京都
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

お帰りやす [モノ]

時計がドイツから帰ってきました。
昨年の秋から出発していました。
同じ時期に修理していたROLEXサブマリーナは、昨年末に戻って来ておりました。
ドイツの方は、今年の夏ぐらいかな?と思っていたのですが、案外早く帰ってきました。

DSC08412.jpg

ドイツ国境警備隊ダイバー部隊制式採用のモデル403.EZM2です。従来のダイバーズウオッチは時計のケース内は気体で、水中での外気圧によって収縮されると外気圧と内気圧に差ができ、ケースが破壊されてしまうため多くのダイバーズウオッチがケースを分厚くすることで耐圧性能を保持しています。『ハイドロ』は時計ケース内にシリコンオイル(液体)を封入することにより、圧力による収縮率を海水、淡水などの液体とほぼ同じ率にしています。外気圧に対してまったく同じだけの内部圧で押し返すため、理論的には外圧と内圧は常に同じで無限の耐圧性能を持ことになりますがクオーツムーブメントは様々な電子部品で構成されており、中でも水晶振動子が入った円筒状のアルミケース内は気体のため安全を考慮して500気圧の耐圧としています。またねじ込み式ステンレスバックの中央には円盤がはめ込まれ、外圧、内圧の変化で可動する特殊構造となっておりシリコンオイルの膨張や収縮による内圧の変化を軽減させています。

DSC08445.jpg
↑Sinn 403.EZM-2 ハイドロ

DSC08421.jpg

今回は、7年振りにバッテリー交換でした。それと純正のシリコンベルトも若干の劣化があったので交換。その他、内部メンテナンス。メーカー保証書も揃っています。
この時計のバッテリー寿命はすごいですね。しかも狂わない。まあ、狂ったりすると命にかかわる問題なので、そうなっているのでしょう。

DSC08419.jpg

Sinn403.EZM-2とROLEXサブマリーナの関係は?サブマリーナのメンテナンス時のバックアップ用に気軽に手に入れたものです。本当は、Sinn503.EZM-1チタンケースが欲しかった。Sinn403.EZM-2を手に入れた時、蛍光塗料は「3M」だった。つまりトリチウム仕様だった。トリチウムは放射能で光るのです。太陽光に当てなくても光る。でも放射能が出ている。一回目のメンテナンス時に普通の夜光塗料になってしまった。ベゼルをカウントダウン仕様にしたかったなぁ。
そうそう、この時計用のチタンベルトも持っています。

DSC08433.jpg
↑ROLEX サブマリーナ
型番1680、製造年1965年〜1980、ムーヴメント Cal.1570

サブマリーナシリーズでは初となるデイト機能付きのRef.1680が登場。サイクロップレンズ付きで日付が見やすく日常での実用性も高い事から幅広いユーザーに支持されています。
キャリバーはクロノメーター仕様のCal.1575を採用。

DSC08425.jpg

Sinn403.EZM-2とROLEXサブマリーナの関係は?サブマリーナのメンテナンス時のバックアップ用に気軽に手に入れたものです。本当は、Sinn503.EZM-1チタンケースが欲しかった。Sinn403.EZM-2を手に入れた時、蛍光塗料は「3M」だった。つまりトリチウム仕様だった。トリチウムは放射能で光るのです。太陽光に当てなくても光る。でも放射能が出ている。一回目のメンテナンス時に普通の夜光塗料になってしまった。ベゼルをカウントダウン仕様にしたかったなぁ。
そうそう、この時計用のチタンベルトも持っています。

DSC08456.jpg

私が死んでもこれらの時計は受け継がれるといいな。
その場合、メーカーの保証書は必須。
ジュニア達は、受け継ぐかな?
メンテナンスが大変だけど。

そうそうSEIKO CREDORの懐中時計があるけど、それほど値打ちはないと思う。十八金ならよかったけどね。金時計なんて趣味悪いし・・・。

でも結局、毎日腕にしているのは、AppleWatchなのが悲しいかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:モノ 京都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不思議な時計ベルト [モノ]

2本の腕時計がメンテナンスのため、1本はスイス、もう1本はドイツに旅だった。帰ってくるのは、春から夏になるかな・・・。
その間、腕時計がないのは不便。AppleWatchがあるのですが、直径が38mmがちょっと見辛くなったので、新しいモデルを購入。
以前のモノは、長男にプレゼントした。彼はまだ持ってないのです。

DSC05629.jpg

今回のモデルは、Apple Watch Series 7 (GPSモデル) - 45mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトレザーリンクにした。
このベルトが磁石で腕に巻き付くのです。この磁石が結構しっかり留まります。でも時計本体に影響ないのだろうか?不思議。
念のため、ブラックNikeスポーツループも発注してある。磁石のモノは、レザーなんです。今はいいけど、気温が暑くなってきたら辛いかもと思ったのです。

DSC05682.jpg
↑ブラックNikeスポーツループ

DSC05631.jpg

磁石なのが不安だったけど、いまのところ問題はない。
スイスやドイツでメンテナンスする費用に比べ、安い?から使い捨て感覚なんです。
今回のモデルから、液晶がスリープしないで、ちょっと暗くなるモードが使えるのが便利です。もちろん時間は正確だしね。

DSC05632.jpg

小学校高学年の私が、こんな時計を使っている未来の自分を見たら感激するだろうな。昔のスパイ映画なんて子供だましですからね。
スーパージェッターの流星号だって呼べるかもね。
時計が返事してくれたりしますからね。
スーパージェッターのように周囲の時間を30秒間だけ止める機能は、この時計には付いてないけど・・・。

DSC05635.jpg

iPhoneが小さくなったので、ケースをまた作ることにした。
色々な部品を手に入れ、腰からぶら下げるように工夫した。

DSC05619.jpg

接着だけでは不安なので、今回もリベットで止めた。
ナイロンコードも手に入れた。
これで万全。

DSC05623.jpg

内側にクッションのゴムも貼り付けた。
これで多少の衝撃なら大丈夫。

DSC05625.jpg

もちろん、ケースはこれだけではない。
たすき掛けできるケースも用意した。
これで持ち歩くのが楽カツ、スタイリッシュになりました。

※以上のような記事は、私にとりメモなんです。次回、新しいモノを手に入れた時の参考にするのです。自分に対するメッセージなんですよ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感