So-net無料ブログ作成

お稲荷さん [食]

我が家で「肉」というとお豆腐やおあげさんを指す。
牛肉は、高いからめったに食べなかった。
魚は、肉以上に高かった。お酒も飲まないから刺身なんかも縁がない。
かしわ(鶏肉)は、比較的多く食べたかも。京都市内には、「かしわ屋」という鶏肉専門のお店は多くあった。「あった」と過去形なのは、店舗数が極めて少なくなってきたからと思う。
昔は、かしわ屋さんで鶏肉を買うのが当たり前だった。
かしわ屋さんのおばちゃんやおじさんに「唐揚げをしたいので、これぐらいの大きさにしたいので、もも肉をぶつ切りにしてください」のような買い方をしたものです。

DSC06449.jpg
↑関西のお稲荷さんは、こんな形です。

DSC06433.jpg

でも一番基本的なのは、お揚げさん(油揚げ)ですね。
お豆腐屋さんが近所にあったので、揚げたてを子供に買いにいかせるのです。ザルをもって買ってくるのです。お豆腐なんかもそうです。
いまの場所に越してからそれが出来なくなった。
悲しいことにデパ地下で買う。でもおまり美味しくない。

DSC06441.jpg
↑これは、焼九条ネギ入りバージョン。

お稲荷さん(稲荷寿司)は、最近かもしれません。昔はそれほど好きでなかったかも。甘さが好きじゃなかった。
伏見稲荷大社の参道のずずめの串焼きなんかを売っているお店があった。いまもあるのかな?ああいうお店で食べるお稲荷さんは、歯が溶けるかと思うぐらい甘かった。ああいう甘さは苦手でした。おうどん屋さんのお稲荷さんも甘かったな。
あれは、カレーうどんとよくあった。

DSC06442.jpg
↑これは、普通のバージョン。ゆずの香りとおのみの歯触りのアクセントがいい。

近年お気に入りのお稲荷さんは、祇園石段下いず重がいいかも。
上品な甘さとゆず風味、それに「おのみ(麻の実)」がいいのです。
その感じ、京都の地元の人間でないと分からないかも。
それも子供の頃でなく最近、これがたまらなう美味しく感じるのです。
糖尿病の父は「甘いからだめ」といいます。ひょっとして薄味だから反応していないのかも。
彼は、鯖寿司の方がわかるのかな?
でも「いづう」に行って食べたことがないという。
一度つれて行ってみようかな?あの手のお店は敷居が高いらしい。かわいい父です。
小鯛の雀寿司というお寿司の存在は、きっとわからないだろう。

DSC03312.jpg

この「祇園石段下いず重」も昔は、すぐに入れたけど、最近、有名になったのか観光客がたむろしているのを見かける。だからお店には行ってません。
並んでまで行きたくない。
今回高島屋で第64回京の味ごちそう展で出品していたから、買って家で食べておりました。それにしても百貨店、ああいう同じような催しをして、来ている人は、高齢者ばかり。中国人が少なくなって売上も落ちているだろう。経営者が無能なんでしょうね。そのうち経営がうまく行かなくなって潰れるのかも。もうライフサイクルからすると百貨店は、衰退期なんでしょうね。悲しいことです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 

サンドイッチ・ランチ [食]

私は、小さい時からおにぎりよりサンドイッチだった。
ドライカレーを食パンでロール状に巻いたものが好きでしたね。
籐の子供用お弁当用バスケットに入れて持って行くのが好きだった。
偏食だったけど、それなら食べた。いいとこのボンみたいでしょ。
以来、お弁当といえばサンドイッチだったように思う。

20171031-rnhr2.jpg
↑幼稚園の時、こんな籐のお弁当バスケットだった。

昨日、一瞬雨が止んだので散髪にタクシーで行く。
時間が二時間ほど空いていた。
散髪が終わったら、京女が家を出発し、アマゾン(通販ではない)で待ち合わせ、サンドイッチランチを食べることになっていた。
アマゾンに2人で行くのは久しぶりかも。

DSC03265 のコピー.jpg
↑アマゾン「ミックストースト」

散髪屋さんは、雨だったので空いていた。
それは計算通り。
雨が降るのに高齢者は散髪に行きませんからね。

DSC03271 のコピー.jpg

散髪が終わり、京女に電話。
予定通り「アマゾン」で落ち合う。
外は雨が降っていた。
まだ時間があったので、散髪屋さんで雑談。
すると電話が鳴った。もうアマゾンに着いたとのこと。
エライ早かったのでビックリ。
慌てて走って行った。
雨は止んでいた。
傘無しだった。昨日は結局、雨は止んだ。計算通り!

DSC03283 のコピー.jpg
↑エビカツサンド

久しぶりのアマゾンでした。
2人なら分け合えるので、うれしい。
コーヒーは、アメリカン。
こういうカップで飲むのが一番いいと思う。
最近のカフェ形式のお店は好きになれない。
京都市内は、こういう形式の喫茶店がいいと思います。

DSC03280 のコピー.jpg

DSC03280 のコピー.jpg
↑アメリカンコーヒー

サンドイッチも作りたてをそんなに高くなく食べられるのがいい。
ハーフサイズも作ってくれるしね。
頑張れ、昔ながらの喫茶店。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 

うなぎが食べたいのかぁ [食]

昨日は、朝から父親と京大病院に同行する。
いつものように、マンションにタクシーを呼び、実家で父親を拾い、京大病院へ。
いまの時期、大きな病院には行きたくないですね。
相変わらず高齢者が多い。
薬をもらいに来ているのだろう。
武漢熱騒動で人が少ないのかというと全然変化なし。
来月ぐらいなら様子が変わるのかも。

DSC03178.jpg
↑うなぎ 徳「しらすおろし」

DSC03187.jpg
↑うざく

父親の糖尿病の主治医さんは「あれは、たいしたことない。マスクも別にいらない。手洗いはした方がいい」程度のアドバイスでした。
まあ、肺炎になっても対処療法しかできないしね。
まあ、死ぬ時は、大体心不全か肺炎だし、大したことないのかも。

DSC03195.jpg
↑白焼

父親が診察室に入る時、血液検査の結果が悪いと思っているのか、ダメな理由を話しかけた。フト血液検査の結果を見るとなんと成績が良かった。すると急に態度がでかくなる。なんというじじいや。恥ずかしいなぁ。
話している時に、私が話し出す。「成績がいいのは嬉しいけど、以前と同じ単位のインスリンを注射するのは、低血糖リスクが高くなる。低く指示して欲しい」とリクエスト。それで具体的な指示をもらった。父親は、なんの話か理解していない。まあ、注射の数字だけは、ドクターから話してもらった。私が後で言っても信用しませんからね。信用のない息子なんですよ。私が医学のことを知っている訳がないと思っている。

DSC03199.jpg

DSC03201.jpg

話しが終わり、次回の予約を聞き終了。
後は、院内処方、会計、院外処方薬局へ。
私なら、明日か明後日に取りに来ると言って帰るのですが、父親はそんなことはしません。ジッと待っている。薬局は満員だった。皆、馬に喰わすほど薬をもらっていた。こんなことをやるから医療制度が崩壊するんだ。もっと薬を高くするか、薬をメリケン粉に換えて飲ませれば安くつくのに・・・。

DSC03215.jpg
↑ワサビで

DSC03218.jpg
↑生姜で

薬局作業が終わったら、ランチだ。
いつもだけど、病院関係の作業で食欲がなくなってくるのです。
でも父親は、食べたりらしい。食欲だけ元気なんだ。もっとも父親が食欲がなくなった時は死ぬ時なんだろう。まあ、死ねば恐らく食べられないだろうか。それでいいのだろう。

DSC03204.jpg
↑名物お櫃うなぎ茶漬け

行く先は、大体わかる。
「うなぎ」なんだろうと思う。
やっぱりそうだ。
私は、百貨店の食堂は好きじゃないのだけど・・・。
父親は、母親が生きている時、よく2人で食べに行った思い出の場所なんだろう。
だからホテルとか百貨店で食べようとする。
ホテルによく行ってた割りにはマナーが全然できないのはなんだろう。
最近、私によく注意されるマナー。
母親は、チャンとマナーを父親に仕込まなかったのか?
そうか2人共マナーができていなかったのか。
悲しいな。
なんて思いながら「うなぎ 徳」に行く。
残念ながら、ギリギリ席があった。
私、狭くて暗い店内が嫌いなんです。できれば外の光が見えているのが好きなんだけど・・・と思ってしまう。
どうも閉鎖空間で食事するのは好きになれない。

DSC03208.jpg
↑あつた蓬莱軒 のを一度食べてみたいとボソッと発言。「う桶や う」のを出前でもいいけど。

注文したのが本日の写真。
私は、白焼半分とうざく、それと名物お櫃うなぎ茶漬けの御飯だけを食べた。
私の方が絶対食べる量が減っている。私は糖尿病にはならないと思う。

無事食事が済み、次は「第64回京の味ごちそう展」を見学。見学と言っても買い物なんです。知った店員さんが数人おられ会話する。父親はちょっとびっくりしただろうなぁ・・・。

DSC03223.jpg
↑サービスのシャーベット

父親にたくさん、美味しいものが買ってやりました。
時間は、3時近くになっていた。
父親と食事をすると全然料理を味わえないのですよ。
自分は、まったく楽しめない。
1人で食事がしたい。

私がジジイの歳になったら、こんな接待をしてくれるのかな?
無理やね。百貨店の食堂で我慢するわけないものね。
1人で食べに行けるように身体を鍛えて置かないとね。
もっともそこまでして食べたくないか。
もう食べるというのが飽きて来ていますからね。
本格的な味探求は、30歳ぐらいまに終えています。父親は最晩年で目覚めたようです。遅すぎます。まあ、冥土の土産にはなるか。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 

グリーンカレー [食]

昨日の記事の続きです。
続きといっても、別の日の話。

DSC02923.jpg
↑タイベト食堂パクチー丸太町「グリーンカレー」これは京女のセット

DSC02919.jpg
↑京男は、このセット。パクチーは寂しいから置いてありますが、京女のものです。

一種の料理を食べ、それに刺激されて連続で食べるという現象が起こります。
本来なら1回で食べればいいのですが、そこが昔と違うところ。
今回は、1人でなく京女と2人です。
京女とは、嗜好が似てきていると思います。
私が「食べたい」と思うと同じになる傾向がありますね。

DSC02925.jpg
↑久しぶりに食べると美味しい。

だからこの日、ちょっと一昔前なら、わざと違うものを注文するところですが、同じグリーンカレーを注文してしまった。
ただ、私の方が量がすくないという不思議なことが起こっている。
まあ、前回(昨日の記事)の次の日というのもあったのかな?
御飯も普通のサイズになっている。
自分でも面白い反応だと思う。

DSC02928.jpg
↑揚げ物は、「ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)」を少々かけると美味しいと京女にアドバイス。

タイのカレーは、レッドカレー、イエローカレー、そして本日のグリーンカレーの三種ある。知らないだけでもっとバリエーションがあるかもしれないけど、よくわかりません。
味は、ココナッツミルクがベースになっていて、スパイスの調合で変化するのかな?
緑色の唐辛子がありますね。スパイスの色で緑になるのでしょう。緑だから安全とはかぎらない。でも本気モードならすごく辛くなります。
タイ人だから辛いものを食べるという訳ではないでしょう。

DSC02940.jpg
↑よい子のみなさんは、こんな真似をしてはいけません。

イエローカレーは、ターメリック系が入るのでしょう。黄色のカレーは、具とか作り方、スパイスの調合でいろいろあると思います。
レッドカレーはソースの色が赤っぽい色をしている。イエローが鶏、レッドは肉というイメージがあるけど、よく分かりません。
各々も辛くすることができるから、辛さで区別はできないのかも。

DSC02942.jpg
↑珍しく「マンゴーシャーベット」を注文

DSC02945.jpg
↑口の中がさっぱりしました

いずれにしても日本料理とは、かなり違うものが多い。
私は、昔から日本料理以外が得意だったかも。
アルコールアレルギーでお酒が飲めないというのもあるのかもしれません。
海外旅行に行くと現地の食べ物で行けると思う。もっとも限られた地域しか行ってないので何とも言えませんけど。
当ブログをご覧になると偏っているのがわかるかもしれません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 

久々の海南鶏飯 [食]

これは、先週初め実家に1人でいく前のランチ。
そういえば最近、1人で食事をするのが少ないように思う。
誰かと食事をしている。
それって私にとりストレスなのかも。
特に相性がいい人でない場合は、つらいですね。
父親と食べるのは、私にとっては苦行かな。
父親が絡むと味がわからないのです。こぼさないか?硬くて吐き出さないか?袖にソースを付けないか?好き嫌いがないか?・・・私が小さい子供を抱えている親のような感じになる。料金を私が払って、こんなに気を遣う・・・接待状態は、いままでの人生で経験したことがない。幸せな人生だったのです。それが今になって、接待を強いられる。皮肉なものです。

DSC02734.jpg
↑タイベト食堂パクチー丸太町「カオマンガイ」ジャスミン米大盛、パクチーオプション。

1人なら、食べたいものを食べたいだけ食べられる。
食べ物と自由に会話できる。
食べるスピードも自由。
食事をするのは、1人がいい。
テレビ東京で放映している『孤独のグルメ』というのがあります。
あの状態が私なんでしょうね。共感する。

DSC02737.jpg
↑「カオマンガイ」タイではこういう名前になります。この料理タイ料理ではない。東南アジア全体にある屋台料理。あっさりと食べられる。もちろん、タイ米(ジャスミン米)や鶏が嫌いな人には、食べるれないだろうなぁ。

DSC02742.jpg
↑パクチー

「グルメ」という言葉が頻繁にマスゴミで出てくる。
私が調理師学校に入った時点では、一般的な単語でなかったように思う。
私は、フランスのブリア=サヴァランの『美味礼讃』で知った。
最近日本で使われるのは「(B級)グルメ」として使われることが多いですね。
なんか貧乏臭い匂いが漂います。私はどうも好きになれない。
「(B級)グルメ」のために行列というのも、貧乏臭い。
貧乏なのは仕方ないけど、「臭い」のがいやです。
「グルメ」という言葉を海外であまり通用しないかも。あまり使わない方がいいかも。

DSC02732.jpg
↑テーブルの上の四種調味料
・下左「プリック・ポン(粉唐辛子)」→辛くしたい
・下右「ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)」→さっぱりさせる
・上左「ナムターン(砂糖)」→砂糖を入れると辛味がたってくる
・上右「ナンプラー(魚醤)」→風味(好みがわかれるかも)と塩味

なんか話がそれました。
この日、食べたくなったのが海南鶏飯。
で、タイの屋台料理屋さんのパクチーに行ってみました。
ここなら行列に巻き込まれない。
食べていると恐らく「Uber(ウーバー)」なんだろう。出前をする人が料理を受け取りにきている。時代が変わったものですね。
わざわざランチを食べにお店に来ないのかも。使ったことはないのですが、それも一つの選択肢なんだろう。でも店に来て、味を調整しながら食べられない。当然料理が冷める。衛生状態はどうなんだろう?ウーン。

DSC02744.jpg
↑揚げ煎餅、唐揚げ→ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)か、スイートチリソースが有効でした。

DSC02749.jpg
↑ライスにプリック・ポン(粉唐辛子)を混ぜると私はいい。カレーソースの時もこうやるといいかも。よい子のみなさんは真似をしない方がいいかも。

DSC02754.jpg
↑ごちそうさま

まあ、こうやって納得いくまで食べます。
ここに父親と一緒にくるとそうはいきません。
だからといって実家に出前というのもねぇ・・・。

DSC02758.jpg
↑タピオカ&小豆入り、ココナッツミルク

DSC02764.jpg

食べながら考えた。
きっと京女もそろそろこういうのが食べたくなっているだろうと。
この後、すぐにこのお店に2人で行きました。
この時、食べながらグリーンカレーが食べたくなったのです。
本来の私の反応なんです。変な奴ですね。

明日に続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0)