So-net無料ブログ作成
2020年01月| 2020年02月 |- ブログトップ
前の5件 | -

食の景色 [風景]

DSC00850.JPG

時々、ランチを食べていて、とても綺麗に見える時がある。
体調なんだろうか?
身体が食べたいと思う時なんだろうか?
父親といっしょの時はいい風景に見えない。
きっと父親に気をとられているからだろうな。

DSC00957.jpg

独りか、気の合った人といっしょだといい景色に見える時がある。
なんだろう?わかりません。

DSC01485.jpg

本日の写真でいうと料理のアップの写真が美しく見える。
美味しそうですよね。
うまくぼけているからなんだろうか?
ライティング?

DSC02291.jpg

できるだけ光線のいい席に座るようにしている。
変なスポットライトの店ってありますよね。
私は、自然光がはいる店が好き。
最近の凝った店舗に行くと照明が暗すぎるところがある。
下手をすると脚も暗くて怖い。
あの照明を考えているデザイナーは無能なのかも。
照明でLEDも嫌いです。
関係ないけど、車のヘッドライトも嫌ですね。
不必要に明るい。
白内障気味になっているから眩しいのです。でも夜にサングラスを使う訳にもいかない。偏光レンズがいいと作ったけど、使い物にならなかった。

DSC02961.jpg

そういえばどうも最近、社寺なんかの景色がすくないと思います。
観光客が多いからかな?
どうも足が向かない。
人がたくさん歩いている場所も苦手になってきた。
なぜ?
人が自分の歩く方向をちゃんと見ていないのです。後ろから見ているとフラフラしている。車の運転でもフラフラしているのは、スマホ操作か、スマホで会話をしているのが多い。
歩いている人もそうだ。

DSC02962.jpg

歩きながらコーヒー等の飲物をもっている。バッグからおにぎりを取り出し食べる若い女性。いつだったか、車を運転しながら服を着替えている奴がいた。
手鼻をかむ中国人。ゴミを置いてバスを降りる観光客。
危ない景色や汚い景色が多すぎる。
困った世の中になりましたね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(1)  コメント(0) 

お稲荷さん [食]

我が家で「肉」というとお豆腐やおあげさんを指す。
牛肉は、高いからめったに食べなかった。
魚は、肉以上に高かった。お酒も飲まないから刺身なんかも縁がない。
かしわ(鶏肉)は、比較的多く食べたかも。京都市内には、「かしわ屋」という鶏肉専門のお店は多くあった。「あった」と過去形なのは、店舗数が極めて少なくなってきたからと思う。
昔は、かしわ屋さんで鶏肉を買うのが当たり前だった。
かしわ屋さんのおばちゃんやおじさんに「唐揚げをしたいので、これぐらいの大きさにしたいので、もも肉をぶつ切りにしてください」のような買い方をしたものです。

DSC06449.jpg
↑関西のお稲荷さんは、こんな形です。

DSC06433.jpg

でも一番基本的なのは、お揚げさん(油揚げ)ですね。
お豆腐屋さんが近所にあったので、揚げたてを子供に買いにいかせるのです。ザルをもって買ってくるのです。お豆腐なんかもそうです。
いまの場所に越してからそれが出来なくなった。
悲しいことにデパ地下で買う。でもおまり美味しくない。

DSC06441.jpg
↑これは、焼九条ネギ入りバージョン。

お稲荷さん(稲荷寿司)は、最近かもしれません。昔はそれほど好きでなかったかも。甘さが好きじゃなかった。
伏見稲荷大社の参道のずずめの串焼きなんかを売っているお店があった。いまもあるのかな?ああいうお店で食べるお稲荷さんは、歯が溶けるかと思うぐらい甘かった。ああいう甘さは苦手でした。おうどん屋さんのお稲荷さんも甘かったな。
あれは、カレーうどんとよくあった。

DSC06442.jpg
↑これは、普通のバージョン。ゆずの香りとおのみの歯触りのアクセントがいい。

近年お気に入りのお稲荷さんは、祇園石段下いず重がいいかも。
上品な甘さとゆず風味、それに「おのみ(麻の実)」がいいのです。
その感じ、京都の地元の人間でないと分からないかも。
それも子供の頃でなく最近、これがたまらなう美味しく感じるのです。
糖尿病の父は「甘いからだめ」といいます。ひょっとして薄味だから反応していないのかも。
彼は、鯖寿司の方がわかるのかな?
でも「いづう」に行って食べたことがないという。
一度つれて行ってみようかな?あの手のお店は敷居が高いらしい。かわいい父です。
小鯛の雀寿司というお寿司の存在は、きっとわからないだろう。

DSC03312.jpg

この「祇園石段下いず重」も昔は、すぐに入れたけど、最近、有名になったのか観光客がたむろしているのを見かける。だからお店には行ってません。
並んでまで行きたくない。
今回高島屋で第64回京の味ごちそう展で出品していたから、買って家で食べておりました。それにしても百貨店、ああいう同じような催しをして、来ている人は、高齢者ばかり。中国人が少なくなって売上も落ちているだろう。経営者が無能なんでしょうね。そのうち経営がうまく行かなくなって潰れるのかも。もうライフサイクルからすると百貨店は、衰退期なんでしょうね。悲しいことです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(1)  コメント(0) 

矢取地蔵尊 [社寺]

久しぶりに羅城門に行きました。
昨日の記事でサンドイッチのランチを食べた後、京女と2人で市バスを乗り継ぎ羅城門へ行った。ミスター・ギョーザに行った訳ではありません。
京女の母親が入院したのでお見舞いに行ったのです。
正確な診断はまだらしいけど、どうやら圧迫骨折らしい。
夜中にベッドから簡易トイレに移動する時、尻餅をついたようです。
眠剤を使用するとそういうリスクがあります。夜中にボーッと起きる場合があるのです。我が父親も「夜、なかなか眠れない。眠剤があれば」といいます。それは夜中に目が覚め、半覚醒状態でいるのが危ない。だから父親には「だめ、寝られないなら寝なければいい。一晩ぐらい徹夜をすれば必ず寝られる。昼間でも眠たくなったら寝ればよろしい」と言ってあります。

DSC03294.jpg
↑矢取地蔵寺

毎日ではないけど、病院に行くことになるだろうな。
元気だったので、元気な内に退院してくれるのを願います。
どんなにいい病院でも入院すると気が塞がります。高齢者はボケる危険もあるのです。
まあ、義母は、前回も同じ状態になり、コルセットも自前のモノがあるのでなれたものです。でもねぇ・・・。
見舞いに行ったらミスター・ギョーザに行ける点はいいかも。
でも家に帰るために、バスを乗り継ぐ必要がある。それが欠点かも。
みなさん、骨密度だけは上げておきましょうね。

DSC03298.jpg

羅城門の側にあるのが矢取地蔵尊(やとりじぞうそん)がある矢取地蔵寺。
由来は、以前に書いたけど、高札の内容を書き写しておきます。

DSC03296.jpg
↑これは本尊ではありません

矢取地蔵尊(やとりじぞうそん)
本尊は矢取地蔵尊。石像で右肩に矢傷の跡が残っている。左手に宝珠、右手に錫杖、矢を持つ。かつては矢負地蔵とも呼ばれた。
天長元年(824年)、日照り続きで人々は飢えと乾きに苦しんでいました。そのため淳和天皇の勅命をより、東寺の空海(弘法大師)と西寺の守敏(しゅびん)僧都が神泉苑の池畔で雨乞いの法会を行った。
先に守敏が祈祷するも雨は降らなかった。対して、空海が祈祷すると三日三晩にわたって雨が続き、国土が潤った。
これにより守敏は空海を恨み、ついに空海を羅城門の近くで待ち伏せ矢を射かけた。すると一人の黒衣の僧が現れ、空海の身代わりとなって矢を受けたため、空海は難を逃れた。
空海の身代わりとなった黒衣の僧は地蔵菩薩の化身であったため、その後の人々はこの身代わり地蔵を矢取の地蔵と呼び、羅城門の跡地であるこの地に地蔵尊を建立し、長く敬ってきた。
現在の地蔵尊は明治十八年(1885年)に、唐橋村(八条村)の人々により寄進され建立されたものである。

DSC03300.jpg
↑羅城門の石碑

東寺の空海と西寺の守敏の雨乞い祈祷が面白いですね。
当ブログでいうと「雨降りのすーさん」と「晴れ男の京男」宿命の対決みたいなことになるのかも。

DSC03301.jpg
↑「羅生門」ではありません。それは小説のタイトルです。

まあ、ここは、病院にお見舞いの時、前を通るので撮影するとします。
もちろんミスター・ギョーザもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(0)  コメント(0) 

サンドイッチ・ランチ [食]

私は、小さい時からおにぎりよりサンドイッチだった。
ドライカレーを食パンでロール状に巻いたものが好きでしたね。
籐の子供用お弁当用バスケットに入れて持って行くのが好きだった。
偏食だったけど、それなら食べた。いいとこのボンみたいでしょ。
以来、お弁当といえばサンドイッチだったように思う。

20171031-rnhr2.jpg
↑幼稚園の時、こんな籐のお弁当バスケットだった。

昨日、一瞬雨が止んだので散髪にタクシーで行く。
時間が二時間ほど空いていた。
散髪が終わったら、京女が家を出発し、アマゾン(通販ではない)で待ち合わせ、サンドイッチランチを食べることになっていた。
アマゾンに2人で行くのは久しぶりかも。

DSC03265 のコピー.jpg
↑アマゾン「ミックストースト」

散髪屋さんは、雨だったので空いていた。
それは計算通り。
雨が降るのに高齢者は散髪に行きませんからね。

DSC03271 のコピー.jpg

散髪が終わり、京女に電話。
予定通り「アマゾン」で落ち合う。
外は雨が降っていた。
まだ時間があったので、散髪屋さんで雑談。
すると電話が鳴った。もうアマゾンに着いたとのこと。
エライ早かったのでビックリ。
慌てて走って行った。
雨は止んでいた。
傘無しだった。昨日は結局、雨は止んだ。計算通り!

DSC03283 のコピー.jpg
↑エビカツサンド

久しぶりのアマゾンでした。
2人なら分け合えるので、うれしい。
コーヒーは、アメリカン。
こういうカップで飲むのが一番いいと思う。
最近のカフェ形式のお店は好きになれない。
京都市内は、こういう形式の喫茶店がいいと思います。

DSC03280 のコピー.jpg

DSC03280 のコピー.jpg
↑アメリカンコーヒー

サンドイッチも作りたてをそんなに高くなく食べられるのがいい。
ハーフサイズも作ってくれるしね。
頑張れ、昔ながらの喫茶店。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(0) 

春への駆け足状態が止まらない [風景・和菓子]

DSC04731.jpg

昨日は、私の病院外来だった。
行くと人が少ないかというとそうでもない。
高齢者が多いですね。

DSC04736.jpg

診察室に入って、ドクターに「新年の挨拶」をした。
今年初めてですからね。
今回は、そろそろ薬を止める相談をし始めているのです。
薬も続けると血液検査で肝臓の数値が悪くなってきている。あきらかに薬の影響。
今年は決断の時かも。

DSC04740.jpg

精算を終え、院外薬局へ。
ここがまた混んでいた。
私の薬は、粉薬なので時間がかかる・・・。
で、薬局でジッと待っていなくて、銀行〜コンビニ支払〜郵便局と用事を済ませ、薬局に行くと丁度出来上がっていた。
もう少し時間があったら、ランチも行けたかも。

DSC04746 .jpg

そういう作業をしながら、実家に来ている看護師さんと話した。
一昨日の父親の外来で、ドクターと話したことの確認。
家でないからロボットを通じて話せなかった。でも画像をみているので担当の看護師さんのお名前はわかった。名前をしっていたので看護師さん、ビックリしていたかも。便利な世の中になりました。
ただ、外出先なので大きな声で話せないのがちょっと残念。

DSC04840.jpg

病院関係が終わり、京都駅まで徒歩で移動。
色々作業の材料を買い集めた。
ほぼ駆け足状態。2軒の電化製品店と百貨店を一時間で終える。
いいお天気だったのに・・・。
まあ、仕方ない。

DSC04843.jpg

なかなか自分の机の前にすわれない。
好きでない、書類ずくりが遅れ気味だ・・・。
まあ、まだ時間はある。
地味な作業は終えてあるから。
一昨年ぐらいから直観的に数字を判断できるようになってきているので、普通の脳でやるより楽になりました。

DSC04848.jpg

こんなことをやっている内に、春本番になりそう。
今年は桜の開花も早いのでしょうね。

P1080137.jpg
↑二條若狭屋「春の野」

P1080214.jpg
↑きんとん、黒粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
2020年01月|2020年02月 |- ブログトップ