So-net無料ブログ作成

梅の開花も駆け足ぎみ [風景・和菓子]

DSC02789.JPG

DSC02792.JPG

今年は、暖かい日が続いている。
もちろん、冷える時もある。
雪は、9日の朝、ちょっとだけ降っていた。まあ、フケ程度。もちろん積もったりしない。すぐに消えた。
北の方の山はちょっとだけ雪化粧になっている。

DSC02802.JPG

DSC02806.JPG

梅も先月末から咲いていた。
梅の木もちょっと戸惑っている感じがする。
だから満開状態ではない。まだこれからという木も多い。
梅の種類や植わっている場所、太陽光の当たり方によるのでしょう。

DSC02794.JPG

この調子でいくと「梅祭」を企画している神社はちょっと困ったことになるかも。
人間の思うように自然は進まない。
今年は、桜の開花も早いのかもしれない。

DSC02807.JPG

DSC02815.JPG

この天候は、人の営みに影響を及ぼすのでしょう。
冬の衣料品は売れなかっただろう。新型肺炎の影響で観光客も少ない。つまり訪日外国人観光客の経済効果も低くなっただろう。
オリンピックだってどうなるかわからない。
冬でこの暖かさだから、夏は猛暑になるのではないでしょうか。
豪雨や台風なんかも問題になる。
「弱り目に祟り目」ということもある。

DSC06406.JPG
↑二條若狭屋「梅ごよみ」

こんな時は、直観をたよりに行動するのがいいのかも。
毎年なんとなく続けているから・・・なんてことはやめた方がいい。
今年は、特にそういう年になるのでしょう。

DSC06423.JPG
↑薯蕷羹、栗あん

こんな時は、丈夫な身体と直観力がたよりです。
どの方向でも動けるようにしないとね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感